> メッセージやエラーコードについて > メッセージごとの対処方法
40ES-06Y

メッセージごとの対処方法

各メッセージが表示された原因とその対処方法については、以下を確認してください。
ファクス送信に失敗したときや、メモリー容量がいっぱいになったときなど、操作に支障が生じた場合は画面にメッセージが表示されます。

英数字

AOSS接続できませんでした。しばらく待ってから再度設定してください。
Google クラウド プリント通信エラー
Google クラウド プリント認証エラー
PCが制限されています。
PCでかんたん接続を開始できませんでした。再起動します。
USBメモリーが制限されています。
WEPキーが正しく設定されていません。WEP設定を確認してください。
WPS接続できませんでした。しばらく待ってから再度設定してください。

あ~お

アクセスポイントが見つかりません。
アクセスポイントの接続数が最大に達しているため接続できませんでした。
オープンシステム認証ができませんでした。WEP設定を確認してください。
オンフック中はグループ宛先を指定できません。

か~こ

カートリッジ残量少
カートリッジ寿命です。
カートリッジ通信エラー。他社カートリッジに起因する不具合は保証外です。
カートリッジ通信エラー。他社カートリッジまたは偽造品がセットされている可能性があるためプリントできません。
カートリッジを準備してください。
給紙サイズと設定サイズが不一致
共有キー認証ができませんでした。WEP設定を確認してください。
クリーニングできませんでした。
グループに登録されている宛先は宛先の種類を変更できません。
この設定は使用できません。指定された設定の宛先が送信制限されています。
コピーが制限されています。

さ~そ

受信データをプリントできません。
証明書の検証時にエラーが発生しました。
新規宛先の指定と登録が制限されています。
スキャンが制限されています。
接続できませんでした。
接続できませんでした。PSK設定を確認してください。

た~と

タイムアウトしました。PCでかんたん接続を終了して再起動します。
ダイレクト接続が切断されました。
他社カートリッジに起因する不具合は保証外です。カートリッジ残量を正しく表示できません。
他社カートリッジまたは偽造品がセットされている可能性があるためプリントできません。
正しい認証情報を設定してください。
通信先から応答がありませんでした。

な~の

入力文字数が間違っているか不正な文字が入力されています。
認識できない画像です。
認証サーバーの証明書が解析できません。
認証サーバーの証明書が信頼できません。
認証サーバーの証明書は期限切れです。
認証に必要な情報を設定してください。
認証に必要な情報をリモートUIから設定してください。
認証パスワードを変更してください。
認証方式の設定を確認してください。

は~ほ

ファクスが制限されています。
ファクス番号の桁数が多すぎます。
ファクスを受信できません。相手から正しくファクスが送信されているか確認してください。
複数の宛先が指定されているため送信できません。
複数の宛先、またはグループ宛先は指定できません。
プリントが制限されています。
ホストから応答がありませんでした。
補正できませんでした。

ま~も

無線LAN通信できませんでした。主電源をOFF / ONした後、再度設定してください。
無線機器からの接続を検知できませんでした。
メディアプリントが制限されています。
メモリーがいっぱいです。
メモリーがいっぱいです。原稿の種類を再設定してください。
メモリーがいっぱいのため読み込みを中止します。プリントしますか?
メモリーフル ( エラースキップ ) 。
メモリーフル ( セキュアプリント ) 。

や~よ

用紙がつまりました。
用紙を補給してください。

ら~ろ

らくらく無線スタートでの接続ができませんでした。しばらく待ってから再度設定してください。
リモートスキャナーが制限されています。