> 生産性を高めたい > 印刷を止めずにトナーを交換したい
3WE7-00A

印刷を止めずにトナーを交換したい

本体内のトナーがまだ残っているうちにトナー容器を交換することで、プリント動作を停止させずに生産性を保持することができます。以下を確認してください。
トナー残量が少なくなると、タッチパネルディスプレイにエラーメッセージが表示されます。トナー容器が空になっても、本体内部にトナーが残っていればプリントは続行されますが、本体内のトナーが完全になくなるとプリントは停止します。トナー容器を交換するまでのあいだプリントが中断するため、全体の生産性が著しくダウンします。そこで、本体内のトナーがまだ残っているうちにトナー容器を交換することでプリント動作を停止させずに生産性を保持することが可能です。トナー容器の交換作業はプリント動作中にも安心して行えます。
表示されるエラーメッセージ
トナー残量
ジョブ
トナー容器の交換
トナー容器(ブラック)を交換してください。
トナー容器が空になり、本体内部にわずかに残っている状態
トナーが残っているうちはプリント続行されます
プリントを続行しながら、トナー容器の交換が可能
トナーがありません。(ブラック)
トナー容器、本体内部ともに空になった状態
プリントは自動的に停止されます
トナー容器交換後、自動的にプリント再開
*ブラックトナーの場合のメッセージです。シアン、マゼンタ、イエロートナーの場合はそれぞれの名称が表示されます。
メモ
トナー容器の交換方法については、下記を参照してください。
ユーザーズガイド「メンテナンス」>「トナー容器の交換」
トナー残量は[状況確認/中止]画面でいつでも確認できます。詳細については下記を参照してください。
ユーザーズガイド「状況確認/中止」>「消耗品やその他の情報を確認する」