JANコードチェックデジット計算方法

各キャラクタはその位置に従い、右側から左方向に順次番号付けする(チェックデジットが1番目)。
ステップ1:
2番目のキャラクタから始めて、すべての偶数番キャラクタの値の和を取る。
ステップ2:
ステップ1の結果を3倍する。
ステップ3:
3番目のキャラクタから始めて、すべての奇数番キャラクタの値の和を取る。
ステップ4:
ステップ2とステップ3の和を取る。
ステップ5:
ステップ4で得た値よりも大きく、かつ最も近い10の倍数を求める。
その値とステップ4の値の差が求めるチェックデジットの数値となる。
短縮タイプでは、キャラクタ位置を右詰めとして(キャラクタ位置1~13に"0"を入れて)計算する。
重要
なお、ステップ4で得られた値が10の倍数の場合は、求めるチェックデジットは0となります。
13F3-01H