UPC短縮バーコードチェックデジット計算方法

1.
UPC短縮コードをメーカーコード+アイテムコードの6桁目によって表1の6通りの方法でUPC標準コードに変換します。
2.
以下、JANコードのチェックデジットの計算方法に従って、チェックデジットを求めます。
表1
UPC短縮コード(Eバージョン)
UPC標準コード(Aバージョン)
変換
パターン
キャラクタシステム
ナンバー
(1桁)
メーカーコード+
アイテムコード(6桁)
チェックデジット
(1桁)
キャラクタシステム
ナンバー
(1桁)
メーカーコード
(5桁)
アイテムコード
(5桁)
チェックデジット
(1桁)
1
0
F1 F2 A3 A4 A5 0
CD
0
F1 F2 0 0 0
0 0 F3 F4 F5
CD
2
0
F1 F2 A3 A4 A5 1
CD
0
F1 F2 1 0 0
00 F3 F4 F5
CD
3
0
F1 F2 A3 A4 A5 2
CD
0
F1 F2 2 0 0
0 0 F3 F4 F5
CD
4
0
F1 F2 A3 A4 A5 3
CD
0
F1 F2 F3 0 0
0 0 0 F4 F5
CD
5
0
F1 F2 A3 A4 A5 4
CD
0
F1 F2 F3 F4 0
0 0 0 0 F5
CD
6
0
F1 F2 A3 A4 A5 A5※
CD
0
F1 F2 F3 F4 F5
0 0 0 0 F5
CD
※A5=5~9
UPC短縮コード
0123456 CDの場合
UPC標準コード
01234500006 CDに変換
(表1のパターン6の変換)
以下、JANコードの計算方法により
ステップ1
0+2+4+0+0+6=12
ステップ2
12×3=36
ステップ3
1+3+5+0+0=9
ステップ4
36+9=45
ステップ5
50-45=5
CD=5
になります。
13F3-01J