相対座標長方形塗りつぶし命令(RR)

現在のペン位置からの相対的な位置を指定し、その位置と現在のペン位置を対角線上の2点とする四角形の領域を塗りつぶします。
JIS
RR<X増分(sd)>,<Y増分(sd)>;
16進数
52h 52h<X増分(sd)>2Ch<Y増分(sd)>3Bh
<X増分(i/sd)><Y増分(i/sd)>
長方形の対角線上の角となる位置を現在のペン位置からの相対座標で指定します。
座標系は、スケーリングがオフのときはプロッターユニット、オンのときはユーザーユニットになります。
塗りつぶしは、現在選択されているペンおよび線の種類で行われます。
本命令の実行後、現在のペン位置とペン状態(UP/DOWN)は実行前の状態に戻ります。
2K4Y-0F3