カット紙B4をA4縦に印刷する【B4→A4縦:Fmode 7】

IBM5577にB4サイズのカット紙を縦置きにセットして印字するときのデータを、縮小してA4サイズのカット紙(またはA4サイズ以上の用紙)にポートレイト(縦置きと同じ印字結果になる)で印字します。
印字データは、A4サイズのほぼ中央にレイアウトされます。

縮小率

IBM5577にB4サイズのカット紙を縦置きにセットしたときの印字範囲(横方向9.6インチ、縦方向13.8インチ)を、横方向、縦方向ともに3/4倍に縮小(横方向7.2インチ、縦方向10.4インチ)します。

用紙サイズ

標準ではA4サイズを使用しますが、A3、B4サイズでも印字できます。
ただし、A3、B4サイズの用紙を使用しても、A4サイズのときと同じ縮小率で印字され、用紙のほぼ中央にレイアウトされます。
A4サイズより小さい用紙を使用した場合の印字結果は保証しません。

文字の印字

ANK文字および漢字を8ポイントの文字フォントで、文字ピッチおよび改行ピッチを3/4倍に縮小して印字します。
ただし、タッチパネルによって漢字サイズが指定された場合は、そのサイズの漢字フォントになります(ANK文字は8ポイントのままです)。
なお、印字できる文字数や行数は、[実寸縦](Fmode 1)でB4サイズの用紙を使用した場合と同じです。

イメージの印字

IBM5577のドットを拡大して印字します。

印字領域

第1文字目の印字位置
第1文字目の印字位置は、A4サイズ(標準)では縮小率の関係でiRシリーズ/imagePRESSシリーズ/imageRUNNER ADVANCEシリーズの有効印字領域の左上端より少し内側になります。ただし、A3、B4サイズの用紙を使用する場合は、印字領域の左右に若干余白が空きます。
印字データの折り返し位置
メニューの「印刷幅」で設定した位置(13.2インチ、13.6インチまたは8インチ)で行が折り返されます。ただし、実際にセットした用紙の有効印字領域の幅が設定した値より狭い場合は、有効印字領域内の印字データだけが印字され、有効印字領域の右端を越えたデータは印字されません。
「印刷幅を設定する(印刷幅)」
ページ長
ページ長は、初期状態の印字開始位置から11インチ(1インチあたり6行のときに66行)になります。実際の用紙上では約10.7インチです。
ページ長は、メニュー操作または制御命令で設定できますが、11インチを越える設定を行うと、印字が次のページにまたがってしまいます。また、印字データが有効印字領域の下端を越えた場合は、改ページ動作を行います。
3E93-2L3