サーチャブルPDF/XPS/OOXMLを生成するときの機能の設定をする

サーチャブルPDF/XPS/OOXMLとは、OCR(光学式文字認識)処理を行い、読み込んだ文書をテキスト検索できるPDF/XPS/OOXMLに作成する機能です。
ファイル形式で「PDF/XPS/OOXML(OCR)」を選択した場合に、原稿向き自動検知の設定とファイル名OCRの文字数を設定します。原稿向き自動検知とは、原稿を送信するときに原稿の文字方向と並び方向を判断し、原稿の方向を検知する機能です。ファイル名OCRとは、OCR処理で読み込んだ最初の文字列を送信するときのファイル名にする機能です。スキャンして送信画面の[その他の機能]の[ファイル名]から設定します。(→送信時のファイル名を設定する(ファイル名))
この機能を使用するために必要なオプションについては、「各機能に必要なオプション」を参照してください。
1.
(設定/登録)を押す
2.
[ファンクション設定]→[共通]→[ファイル生成]を押す
3.
[OCR(文字認識)設定]を押す
4.
<原稿向き自動検知>の[ON]を選択→<ファイル名OCRの文字数設定>の[-][+]を押してファイル名に抽出する文字数を設定→[OK]を押す
原稿向き自動検知を行わない場合は、[OFF]を押します。
メモ
<ファイル名OCRの文字数設定>で設定した文字数は半角時の文字数です。読み込むファイルが全角の場合、設定した文字数の半分の文字列を抽出してファイル名にします。

メモ
ファイル名OCRと暗号化PDFを同時に設定して送信することはできません。
3E93-098