原稿をセットする

原稿台ガラスまたはフィーダーに原稿をセットします。書籍や厚紙/薄紙など、フィーダーにセットできない原稿は、原稿台ガラスにセットしてください。両面原稿や数枚の原稿を連続して読み込みたいときは、フィーダーにセットしてください。原稿台ガラスとフィーダーにセットできるサイズなどについては、用紙についてを参照してください。
乾いた原稿を使用する
原稿にインク、修正液、のりなどが付いているときは、完全に乾かしてからセットしてください。
フィーダー内の紙づまりを防ぐには
次のような原稿をフィーダーにセットしないでください。紙づまりの原因となります。
しわや折り目がある原稿
カーボン紙やカーボンパック紙
カールした紙や巻いた紙
コート紙
破れた原稿
大きなとじ穴などが開いた原稿
薄質半透明紙や薄紙
ホチキスの針、またはクリップが付いた紙
熱転写プリンターで印刷された紙
OHPフィルム
付箋が付いた原稿
のりで貼り合わせた原稿
クリアファイルに入れた原稿
 
原稿をより精密に読み込むには
フィーダーにセットした原稿は搬送されながら読み込まれますが、原稿台ガラスにセットした場合は静止した状態で読み込みが行われます。精度の高い読み込みが必要な場合は、原稿台ガラスを使うことをおすすめします。
トレーシングペーパーやOHPフィルムなどを読み込むには
トレーシングペーパーやOHPフィルムなどの透過原稿を読み込む場合は、原稿台ガラスに原稿をセットしたあと、原稿の上に白紙を重ねてください。
原稿サイズについて
本機は原稿サイズを自動的に検知して読み込みます。ファクスの場合、受信側にセットされた記録紙のサイズが読み込んだ原稿サイズより小さいときは、受信側の記録紙サイズに合わせて縮小されるか、分割されて送信されることがあります。

原稿台ガラスにセットする

1
フィーダーを開ける
フィーダーの開け方が不十分な状態で原稿をセットすると、原稿サイズが正しく検知されないことがあります。
2
読み込む面を下にして、原稿を原稿台ガラスの上に置く
原稿の角を原稿台ガラスの左上隅に合わせます。
両面コピーするときは、図のように自分から見て原稿の上下が正しい位置になるようにセットしてください。
3
フィーダーをゆっくり閉じる
原稿を読み込む準備ができました。
読み込みが完了したら、原稿台ガラスから原稿を取り出してください。
フィーダーを閉じるときに原稿台ガラスから発生する光が目に入らないように、注意してください。
原稿台ガラスに本や雑誌などの厚い原稿をセットする場合は、フィーダーを閉めるときに強く押さないでください。

フィーダーにセットする

原稿排紙トレイには物を置かないでください。原稿損傷の原因となります。
1
原稿ガイドを広げる
原稿ガイドの幅を原稿の幅より少し広めにセットします。
長い原稿をセットするときは、原稿の端が垂れ下がらないよう、原稿給紙延長トレイと原稿排紙延長トレイを引き出します(1パス両面ADF・Bの場合のみ)。
2
原稿をさばいて、端をそろえる
少量ずつよくさばき、平らな場所で軽く数回たたいて端をそろえます。
3
読み込む面を上にして、原稿を奥に突き当たるまで差し込む
奥まで差し込むと、原稿セットランプが点灯します。
原稿は積載制限マーク()を超えないようにしてください。それ以上の原稿をセットした場合、読み込まれなかったり、紙づまりの原因になったりします。
折られている原稿をセットする場合は、原稿の折り部分を修正してからフィーダーにセットしてください。原稿が折られた状態だと、原稿サイズが正しく検知されずにエラー画面が表示される場合があります。
薄い原稿は、高温多湿の使用環境ではしわになることがあります。
両面コピーするときは、図のように自分から見て原稿の上下が正しい位置になるようにセットしてください。
サイズの異なる原稿を一度にセットして読み込むことができます。
サイズの異なる原稿をまとめてコピーする(原稿サイズ混載)
サイズの異なる原稿をまとめて送信する(原稿サイズ混載)
サイズの異なる原稿をまとめてスキャンする(原稿サイズ混載)
4
原稿ガイドを原稿に合わせる
原稿ガイドを原稿の幅にぴったり合わせます。
原稿を読み込む準備ができました。
原稿ガイドを原稿の幅にぴったり合わせる
ガイドの合わせかたがゆるすぎたり、きつすぎたりすると、原稿が正しく送られなかったり、紙づまりの原因になったりします。
原稿を読み込んでいるとき
原稿を追加したり、抜いたりしないでください。
原稿を読み込み終わったら
紙づまりを防ぐために、原稿排紙トレイに排紙された原稿を取り除いてください。原稿の取り忘れを防ぐために、原稿取り忘れ防止ランプが原稿排紙中に点灯し、排紙が終わると一定時間点滅してお知らせします。
原稿排紙トレイに原稿を残したまま、次の原稿をフィーダーにセットしたときも、原稿取り忘れ防止ランプが一定時間点滅します(1パス両面ADF・Bの場合のみ)。
長尺原稿を読み込む場合は
長尺原稿(ヨコ方向の長さが最大630mmまでの原稿)を読み込む場合は、読み込み時および排紙時に、原稿に手をそえて支えるようにしてください。
   
薄紙原稿をセットする場合は
薄紙の原稿は、セットしにくいことがあります。そのような場合は、軽く湾曲させながらセットしてください(1パス両面ADF・Bの場合のみ)。
セットするときは押し込みすぎないようにしてください。原稿が正しく送られなかったり、紙づまりの原因になったりします。
A3、B4、A4R、B5Rの薄紙原稿を読み込むときは、原稿ストッパーを上げてください。しわを防ぐことができます(1パス両面ADF・Bの場合のみ)。
同じ原稿を繰り返して読み込む場合は
同じ原稿を繰り返して読み込む場合の使用頻度は、5回程度(紙質により回数は異なります。)を目安にしてください。使用頻度が多くなると、原稿が折れたり、しわになったりして、原稿が送りにくくなることがあります。
カラー原稿の読み取り範囲について
原稿の色を自動で判別するように設定して読み込んだ場合、次の図のグレーで示された範囲にしかカラー部分がない原稿は、白黒の原稿として判別されることがあります。
DADF-AV
 
 
 
原稿給紙方向
1パス両面ADF・B
 
 
片面原稿の場合
 
 
原稿給紙方向
 
 
両面原稿同時読取の場合
 
 
オモテ面
 
ウラ面
 
 
 
原稿給紙方向
 
:10 mm
:17 mm
カラー原稿として読み込む場合は、フルカラーの設定で読み込んでください。
3SE1-01Y