<ネットワーク>

ネットワークに関する設定について説明しています。
<レポート出力>
  <環境設定>  <ネットワーク>
<ネットワーク>の設定内容を出力します。設定内容のリストをプリントする
<ネットワークの設定変更/接続の確認表示>
  <環境設定>  <ネットワーク>
本設定を<ON>にすると、ネットワークに関する設定を変更できるようになります。ネットワーク接続に関係するエラーなどが発生した場合、各種メッセージがタッチパネルディスプレー上に表示されます。ネットワーク設定のロックを解除する
<IPv4を使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv4設定>
IPv4を使用するかどうかを設定します。IPv4アドレスの設定
<IPアドレス設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv4設定>
IPv4アドレスを設定します。IPv4アドレスの設定
<DHCPオプション設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv4設定>
DHCPのオプション設定を行います。DHCPサーバーを使う
<PINGコマンド>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv4設定>
IPv4アドレスが正しく設定されているかテストします。IPv4アドレスの接続テストをする
<IPv6を使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv6設定>
IPv6を使用するかどうかを設定します。IPv6アドレスの設定
<ステートレスアドレス設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv6設定>
IPv6ステートレスアドレスを設定します。IPv6アドレスの設定
<手動アドレス設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv6設定>
IPv6アドレスを手動で設定します。IPv6アドレスの設定
<DHCPv6を使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv6設定>
IPv6アドレスをDHCPサーバーから取得します。IPv6アドレスの設定
<PINGコマンド>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv6設定>
IPv6アドレスが正しく設定されているかテストします。IPv6アドレスの接続テストをする
<ステートフルアドレスのプレフィックスのみ取得>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv6設定>
DHCPv6を使用して、DHCPサーバーからステートフルアドレスの前半部分のみを取得するかどうかを設定します。
<DHCPオプション設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv6設定>
DHCPのオプション設定を行います。DHCPサーバーを使う
<DNSサーバーアドレス設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <DNS設定>
DNSサーバーアドレスの設定を行います。DNSの設定
<DNSのホスト名/ドメイン名設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <DNS設定>
本機のホスト名とドメイン名を設定します。DNSの設定
<DNSの動的更新設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <DNS設定>
DHCP環境などで、ホスト名とIPアドレスの対応付けが変更されたときに自動更新するかどうかを設定します。DNSの設定
<mDNS設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <DNS設定>
DNSサーバーがない環境でDNS機能を実現する設定をします。DNSの設定
<コンピューター名/ワークグループ名の設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
本体のネットワーク上の名称と所属するワークグループ名を指定します。お使いの環境にワークグループがない場合は、Windows上でワークグループを作成して、そのワークグループ名を入力してください。
<SMBサーバー設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
ネットワーク上にアドバンスドボックスを公開するためのSMBサーバーの設定をおこないます。SMBサーバーを設定する
<SMBサーバーのバージョン指定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
SMBサーバーで使用するSMBのバージョンを指定します。SMBサーバーを設定する
<SMBクライアント設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
本機がSMBクライアントとしてネットワーク接続するときの設定をおこないます。SMBクライアントを設定する
<SMBクライアントのバージョン指定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
SMBクライアントで使用するSMBのバージョンを指定します。SMBクライアントを設定する
<WINS設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
WINSの設定を行います。WINSの設定をする
<LPD印刷の設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
LPD印刷の設定を行います。LPD印刷を使用するときは、<ON>を押し、通信エラーなどで印刷データが受信できない場合に、自動的にジョブを終了させるまでの時間を設定します。
<RAW印刷の設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
RAW印刷の設定を行います。RAW印刷を使用するときは、<ON>を押し、双方向通信の使用と、通信エラーなどで印刷データが受信できない場合に、自動的にジョブを終了させるまでの時間を設定します。
<SNTP設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
SNTPの設定を行います。SNTPの設定をする
<FTP印刷の設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
FTP印刷の設定を行います。FTP印刷を使用するときは、<ON>を押し、必要に応じて、<ユーザー名>や<パスワード>を設定します。
<FTP印刷時のファイル名表示にUTF-8を使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
FTP印刷時のファイル名表示にUTF-8を使用するかどうかを設定します。
<WSD設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
WSDの設定を行います。プリントアプリケーションにWSD(Web Service on Devices)を使用するときは、<WSD印刷を使用>の<ON>を押します。WSDを使用して本製品の情報を取得するときは、<WSD参照を使用>の<ON>を押します。
WSD Scan機能を使用するときは、<WSD Scan機能を使用>の<ON>を押します。 WSDを使う
<FTPのPASVモードを使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
FTPのPASVモードを使用するかどうかを設定します。FTPのPASVモードを設定する
<BMLinkS設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
BMLinkSの設定を行います。BMLinkSの設定をする
<IPP印刷の設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
IPP印刷の設定を行います。IPP印刷を使用するときは、<ON>を押し、TLSで暗号化(IPP印刷)した通信データのみ有効にするか、IPP認証を使用するかを設定します。
<マルチキャスト探索設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
マルチキャスト探索の設定を行います。デバイス管理システムから本機を監視する
<スリープ通知設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
ネットワーク上にスリープ通知をマルチキャスト送信する設定を行います。
<HTTPを使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
HTTPを使用するかどうかを設定します。
<WebDAVサーバーを使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
WebDAVサーバーを使用するかどうかを設定します。WebDAVの設定をする
<TLS設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
TLS暗号化通信を使用している機能を確認したあと、使用する鍵ペア、TLSのバージョン、暗号化アルゴリズムを設定できます。TLS用の鍵と証明書を設定する
<プロキシー設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
プロキシーを設定します。プロキシーを設定する
<認証管理時の認証情報確認>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
V4プリンタードライバーを使用して印刷する際に、認証情報を確認するかどうかを設定します。
<IPSec設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
IPSecの設定を行います。IPSecの設定をする
<SIP設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
SIPの設定を行います。なお、<SIP設定>の使いかたについては、IPファクス拡張キットユーザーズガイドを参照してください。
<TCP/IPオプション設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
TCPオプションのウィンドウスケールやMTUサイズを設定します。
<Network Link Scanを使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>
Network Link Scanを使用するかどうかを設定します。
<AppleTalk設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>
AppleTalkを使用するかどうかを設定します。また、使用する場合のプロトコルを設定します。
<SNMP設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>
SNMPの設定を行います。SNMPで監視/制御する
<ホストリソースMIBのRFC2790準拠>
  <環境設定>  <ネットワーク>
ホストリソースMIBがRFC2790の仕様に準拠しているかを設定します。
<専用ポート設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>
キヤノン製のドライバーやユーティリティーソフトウェアから、本製品の詳細情報を設定/参照するかどうかを設定します。
<専用ポートの認証方式>
  <環境設定>  <ネットワーク>
専用ポートの認証方式を設定します。
<スプール機能を使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>
本機に送信した印刷ジョブを本機のハードディスクにスプールするかどうかを設定します。
<起動時の接続待機時間>
  <環境設定>  <ネットワーク>
起動時の接続待機時間を設定します。ネットワーク接続時の待機時間を設定する
<Ethernetドライバー設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>
Ethernetドライバーの設定を行います。Ethernetの設定をする
<スリープ時の優先設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>
スリープ時に復帰速度を優先するか、省電力を優先するかを設定します。
<IEEE 802.1X設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>
IEEE 802.1Xに関する設定を行います。IEEE 802.1X認証の設定をする
<送信フィルター>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ファイアウォール設定>  <IPv4アドレスフィルター>
送信フィルターを設定します。IPアドレスでファイアウォールを設定する
<受信フィルター>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ファイアウォール設定>  <IPv4アドレスフィルター>
受信フィルターを設定します。IPアドレスでファイアウォールを設定する
<ICMP送受信を常に許可>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ファイアウォール設定>  <IPv4アドレスフィルター>
ICMP送受信を常に許可するかどうかを設定します。
<送信フィルター>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ファイアウォール設定>  <IPv6アドレスフィルター>
送信フィルターを設定します。IPアドレスでファイアウォールを設定する
<受信フィルター>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ファイアウォール設定>  <IPv6アドレスフィルター>
受信フィルターを設定します。IPアドレスでファイアウォールを設定する
<ICMPv6送受信を常に許可>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ファイアウォール設定>  <IPv6アドレスフィルター>
ICMPv6送受信を常に許可するかどうかを設定します。
<送信フィルター>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ファイアウォール設定>  <MACアドレスフィルター>
送信フィルターを設定します。MACアドレスでファイアウォールを設定する
<受信フィルター>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ファイアウォール設定>  <MACアドレスフィルター>
受信フィルターを設定します。MACアドレスでファイアウォールを設定する
<IPアドレスブロック履歴>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ファイアウォール設定>
IPアドレスフィルターでブロックされた履歴を表示します。IPアドレスでファイアウォールを設定する
<Mopriaを使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>
Mopria®に対応しているスマートフォンやタブレットから直接印刷するかどうかを設定します。アプリを使って本機を活用する
<AirPrintを使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>
AirPrintに対応しているiPhone、iPad、iPod Touch、Macから直接印刷するかどうかを設定します。AirPrintを使う
<Google クラウド プリント設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>
Googleクラウドプリントに対応しているパソコン、スマートフォン、タブレットなどから直接印刷するかどうかを設定します。Google Cloud Printを使う
<デバイス位置情報の設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>
デバイスの位置情報を設定します。AirPrintを使う
<インターフェイス選択>
  <環境設定>  <ネットワーク>
有線LANを使用するか、無線LANを使用するか、有線LANと無線LANを同時に併用するかを設定します。有線LAN、無線LANを選択する
<無線LAN設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <無線LAN>
無線LANの設定を行います。無線LANに接続する
<無線LAN情報>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <無線LAN>
無線LANの設定情報を表示します。無線LANの設定や情報を確認する
<パワーセーブモード>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <無線LAN>
無線LANルーターが送信する信号に合わせて定期的に本機を節電状態にするかどうかを設定します。無線LANに接続する
<ダイレクト接続を使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ダイレクト接続設定>
ダイレクト接続を使用するかどうかを設定します。ダイレクト接続する
<ダイレクト接続の種類選択>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ダイレクト接続設定>
ダイレクト接続の種類を選択します。ダイレクト接続する
<Wi-Fi Directのデバイス名>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ダイレクト接続設定>
ダイレクト接続(Wi-Fi Direct)を使用する場合のデバイス名を設定します。
<ダイレクト接続の自動切断時間>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ダイレクト接続設定>
ダイレクト接続で通信中、データの送受信が無い状態が続いた場合に、自動的に通信を切断するまでの時間を設定します。
<アクセスポイントモード設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ダイレクト接続設定>
アクセスポイントモードの設定を行います。
<SSID/ネットワークキー固定時に常時接続>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ダイレクト接続設定>
<アクセスポイントモード設定>で<任意のSSIDを使用>と<任意のネットワークキーを使用>を有効にしている場合に、<モバイルポータル>の<ダイレクト接続>の<開始>を押さなくてもダイレクト接続が可能な状態にします。
<ダイレクト接続時のIPアドレス設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ダイレクト接続設定>
ダイレクト接続で接続するモバイル機器に配布するIPアドレスを設定します。
<個人別SSID/ネットワークキーの設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ダイレクト接続設定>
ログイン時のユーザーごとに、ダイレクト接続で接続する際のSSIDとネットワークキーを設定します。SSIDを設定する場合は、<任意のSSIDを使用>を<ON>にしてSSIDを入力します。ネットワークキーを設定する場合は、<任意のネットワークキーを使用>を<ON>にしてネットワークキーを入力します。
<ログイン/ログアウト時にダイレクト接続を開始/終了する>を<ON>に設定すると、<モバイルポータル>の<ダイレクト接続>の<開始>を押さなくても、ログイン時にダイレクト接続が可能な状態になります。
<プリントジョブのユーザー名をログイン名で表示>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <ダイレクト接続設定>
ダイレクト接続で印刷するプリントジョブのユーザー名をログイン名で表示するかどうかを設定します。
<Bluetoothを使用>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <Bluetooth設定>
Bluetooth接続を使用するかどうかを設定します。
<Beaconの設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <Bluetooth設定>
本製品が送信するBeaconの種類を設定します。Beaconはモバイル端末からのプリンター検索に使用します。Canon PRINT Business用とAirPrint用のBeaconが送信できます。
<デバイス名/PINコードの設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <Bluetooth設定>
Bluetoothで通知する本機のデバイス名と、ペアリングで使用するPINコードを設定します。
<接続タイムアウト>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <Bluetooth設定>
Bluetooth機器を検出したあと、ペアリングがタイムアウトになるまでの時間を設定します。
<MACアドレス表示>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <Bluetooth設定>
本機のBluetoothのMACアドレスを表示します。
<接続デバイス情報>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <Bluetooth設定>
ペアリングを確立しているBluetooth端末のMACアドレス一覧を表示します。
<IPアドレス設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <副回線設定>
有線LANと無線LANを同時に併用する場合、無線LAN(副回線)で使用するIPv4アドレスを設定します。
<モバイル端末と通信時の優先回線設定>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <副回線設定>
有線LAN(主回線)と無線LAN(副回線)を同時に併用する場合、モバイル機器をどちらの回線に接続するかを選択します。
<使用可能な機能を制限>
  <環境設定>  <ネットワーク>  <副回線設定>
有線LAN(主回線)と無線LAN(副回線)を同時に併用する場合、副回線(無線LAN)で使用可能な機能を制限します。<ON>にすると、副回線(無線LAN)で使用可能な機能は、LPD印刷、RAW印刷、SNMPに限定されます。
3SE1-0JK