<宛先設定>

宛先の登録や変更に関する設定をします。
<宛先表リスト>
  <宛先設定>
アドレス帳やワンタッチボタンに登録されている宛先を一覧でプリントします。設定内容のリストをプリントする
<宛先の登録>
  <宛先設定>
本機のアドレス帳に宛先を登録します。アドレス帳に宛先を登録する
<宛先表の名称変更>
  <宛先設定>
宛先表の名称を変更します。
<ワンタッチの登録>
  <宛先設定>
本機のワンタッチボタンに宛先を登録します。ワンタッチボタンに宛先を登録する
<アドレス帳のデフォルト表示の変更>
  <宛先設定>
<ファクス>や<スキャンして送信>の基本画面で、<アドレス帳>を押したときに表示されるアドレス帳の種類を指定できます。
<アドレス帳の暗証番号>
  <宛先設定>
アドレス帳に暗証番号を設定できます。アドレス帳の使用を制限する
<アドレス帳のアクセス番号管理>
  <宛先設定>
アドレス帳に登録する宛先に、アクセス番号を指定するかどうかを設定します。アドレス帳の使用を制限する
<アドレス帳エクスポートの対象にパスワードを含める>
  <宛先設定>
本設定を<ON>にすると、リモートUIでアドレス帳をエクスポートするときに、宛先に登録されているパスワードを含めるかどうかを設定できます。
<LDAPサーバーの登録>
  <宛先設定>
宛先検索や宛先登録で使うLDAPサーバーのサーバー名やサーバーアドレスなどの設定をします。LDAPサーバーを登録する
<LDAPサーバー使用時の自動検索>
  <宛先設定>
本設定を<ON>にすると、本機の操作パネルからLDAPサーバーにアクセスしたときに、すぐに検索を開始させることができます。
<LDAPサーバーアクセス時の証明書確認>
  <宛先設定>
LDAPサーバー接続時にTLS証明書を検証するかどうかを設定します。
<LDAP検索条件のデフォルトの変更>
  <宛先設定>
LDAPサーバー検索時によく使う検索条件を初期値として登録します。
<LDAP検索属性の登録/編集>
  <宛先設定>
LDAPサーバーを検索する際の、検索項目を登録することができます。
<LDAP検索時の 「名称で検索」 の設定>
  <宛先設定>
LDAPサーバーから宛先を「名称で検索」するときに使う属性を設定できます。
<アドレス帳を取得>
  <宛先設定>  <リモートアドレス帳取得設定>
ネットワーク上に公開されている他のimageRUNNER ADVANCEシリーズのアドレス帳を、リモートアドレス帳として使用するかどうか設定します。
<リモートアドレス帳サーバーアドレス>
  <宛先設定>  <リモートアドレス帳取得設定>
リモートアドレス帳を公開する機器のIPアドレスまたはホスト名を指定します。IPアドレスの場合は、IPv4またはIPv6のアドレスを指定できます。
<通信タイムアウト>
  <宛先設定>  <リモートアドレス帳取得設定>
通信タイムアウトの時間を設定します。設定した時間内にリモートアドレス帳を公開する機器から応答がないときは、宛先の取得を中止します。
<ファクス送信回線を自動選択に補正>
  <宛先設定>  <リモートアドレス帳取得設定>
リモートアドレス帳から取得した宛先にファクス送信する場合、宛先に登録された送信回線を無効にして、自動で選択します。
<アドレス帳を公開>
  <宛先設定>  <リモートアドレス帳公開設定>
本機のアドレス帳をネットワーク上にある他のimageRUNNER ADVANCEシリーズに公開するかどうかを設定します。
<個人宛先表を使用>
  <宛先設定>
個人認証管理でログインしているユーザー専用の宛先表を使用するかどうかを設定します。
<ユーザーグループ宛先表を使用>
  <宛先設定>
<ユーザーグループ宛先表>の使用を制限できます。ただし、管理者がリモートUIからアクセスする場合は、本設定の設定値にかかわらず<ユーザーグループ宛先表>を登録/編集することができます。
3SE1-0K7