<ユーザー管理>

本機のユーザーを認証アプリケーションで管理するための設定を行うことができます。
<パスワードの変更>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>
本機に登録されているユーザーがログイン時に入力するパスワードを変更できます。Administratorの権限を持つ管理者がログインしたときは表示されません。
<認証ユーザーの登録/編集>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>
本機にユーザーを登録し、パスワードや使用権限などのユーザー情報を設定します。ローカルデバイスにユーザー情報を登録する
<ユーザー認証を使用>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>
個人認証管理機能を有効にするかどうかを設定します。また、認証時に使用するログイン方法を選択できます。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<ユーザーの登録方法>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <シンプルログイン>
シンプルログインを使うユーザーの本機への登録方法を設定します。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<管理者ユーザーの表示>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <シンプルログイン>
シンプルログインのログイン画面に管理者権限を持つユーザーを表示するかどうかを設定します。「すべての管理者」と「ユーザー名がAdministratorの管理者」について設定できます。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<ICカード登録ユーザーの表示>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <シンプルログイン>
シンプルログインのログイン画面にICカードが登録されているユーザーを表示するかどうかを設定します。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<シンプルログイン画面のデフォルト表示の変更>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <シンプルログイン>
シンプルログインのログイン画面が表示されたときのユーザーの並び順を設定します。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<暗証番号を必ず使用>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <シンプルログイン>
本設定を<ON>にすると、シンプルログインでログインを行う場合に暗証番号の入力が必須になります。
<ジョブ投入による暗証番号のリセットを許可>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <シンプルログイン>
入力された暗証番号が正しくなかった場合に、ジョブを投入することで暗証番号をリセット/再設定するかどうかの確認画面を設定できます。
<暗証番号のリセットとEメール通知を許可>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <シンプルログイン>
入力された暗証番号が正しくなかった場合に、ユーザーの暗証番号をリセットし、該当ユーザーのメールアドレスに新しい暗証番号を通知するかどうかの確認画面を設定できます。
<設定メニューのボタン表示>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <ICカード認証>
ログイン画面右上の に表示されるメニューにボタンを追加し、ここから該当する操作を実行できるようにするかどうかを設定します。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<ログインユーザーのキャッシュ数>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <キーボード認証>
以前にログインしたユーザーの名称をログイン画面のドロップダウンリストに表示するかどうかを設定します。表示しないときは<0>を、直前にログインしたユーザー名だけを表示するときは<1>を選んでください。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<設定メニューにパスワードの変更ボタンを表示>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <キーボード認証>
ログイン画面右上の からパスワードを変更できるようにするかどうかを設定します。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<テンキー入力のみによる認証を使用>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>  <キーボード認証>
ユーザー名とパスワードが数字のみで構成されている場合に、テンキー入力だけで認証を行えます。
<ログイン画面の表示設定>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>
ログイン画面の表示方法を「操作を開始するとき」と「機能を選択したあと」の2通りから選びます。「機能を選択したあと」を選んだときは、使用前にログイン操作が必要な機能を指定できます。ログイン画面の表示方法を指定する
<利用を制限する機能>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>
特定の機能を個人認証管理中に制限するかどうかを設定します。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<ユーザー認証していないリモートジョブの制限>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>
パソコンからの印刷、ファクス送信、リモートスキャンに個人認証管理を適用するかどうかを設定します。パソコンからの印刷/ファクス送信/リモートスキャンを個人認証で管理する
<ユーザー登録時のデフォルトロール>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>
ユーザーに権限が設定されていない場合などに適用するロールを選びます。ユーザーのログイン方法と認証先を設定する
<ユーザー名の大文字/小文字を区別する>
  <管理設定>  <ユーザー管理>  <認証管理>
ユーザー名の大文字と小文字を区別するかどうかを設定します。
<システム管理者情報の設定>
  <管理設定>  <ユーザー管理>
本機のシステム管理者情報を設定します。システム管理部門IDと暗証番号を変更する
<部門別ID管理>
  <管理設定>  <ユーザー管理>
ユーザーを部門IDに割り当てることで、グループ管理を行います。部門別ID管理を開始する
3SE1-0K9