<ライセンス/その他>

ライセンス登録のほか、本機で使用できるソフトウェアやシステムオプションに関する設定などを行うことができます。
<ライセンス登録>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>
本機で使用できるシステムオプションのライセンスキーを入力します。システムオプションをインストールする
<システム情報のプリント>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>  <MEAP設定>
MEAP上にインストールされているアプリケーション、および一部のシステムアプリケーション情報のレポートをプリントできます。設定内容のリストをプリントする
<TLSを使用>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>  <MEAP設定>
Webブラウザーから本機にアクセスしてMEAP機能を使用する場合、TLS通信を使用するかどうかを設定します。
<MEAPアプリケーションでTLS通信時の証明書確認>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>  <MEAP設定>
MEAPアプリケーションでTLS通信を行う場合、接続時に送信されるTLSサーバー証明書やそのCN(Common Name)を検証するかどうかを設定します。
<DNSキャッシュを使用>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>  <MEAP設定>
MEAPアプリケーションで検索に成功したDNS情報をメモリーに保持するかどうか設定できます。一時的に保持することもでき、その場合は有効期限を設定できます。
<本機のプロキシー設定を使用>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>  <MEAP設定>
本機のプロキシー設定を、MEAPアプリケーションでも使用するかどうかを設定します。プロキシーを設定する
<HTTPヘッダーにX-FRAME-OPTIONSを付加>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>  <MEAP設定>
HTTPサーバーがレスポンス返すときにヘッダーにX-FRAME-OPTIONSを付加することで、他のサーバーが生成したコンテンツに重なることを防ぎます。
<リモートUIのON/OFF>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>
リモートUIを使用して本体の設定や操作を可能にするかどうかを設定します。
<掲示板の消去>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>
操作パネルに表示される管理者からのお知らせを消去します。
<リモートオペレーション設定>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>
リモートオペレーションを有効にするかどうかを設定します。この機能を使用すると、本機のタッチパネルディスプレーと同じ画面をパソコンに表示できるため、離れた場所からの設定やジョブの実行が可能になります。
<ACCESS MANAGEMENT SYSTEMを使用>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>
アクセス管理を行うACCESS MANAGEMENT SYSTEMを使用するかどうかを設定します。ACCESS MANAGEMENT SYSTEMを使用する
<ソフトウェアの登録/更新>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>
システムオプション/MEAPアプリケーションを本機にインストールできます。システムオプションをインストールする
<設定ナビの開始>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>
本機の初期設定をウィザード形式で設定していくことができます。設定ナビでセットアップする
<プリント機能のモバイル操作>
  <管理設定>  <ライセンス/その他>
本設定を<ON>にすると、モバイル機器から<プリント>に留め置かれた文書の操作ができるようになります。
3SE1-0KC