設定/登録一覧表

設定/登録できる項目を次に示します。
本機に装着しているオプションの構成によっては、表示されない設定項目があります。
設定項目によってはすぐに変更が反映されないため、以下のいずれかの操作を実行する必要があります。
設定変更を促すメッセージが表示されている画面で<はい>を押す
 <設定の反映>を押す
電源を入れなおして再起動する
管理者と一般ユーザーでは設定できる項目が異なります。また、管理者権限をもつユーザーが行った機能制限によって、設定できる項目が異なります。

設定項目の説明

設定メニューの各項目で何が設定できるのかを説明します。なお操作できる項目はログイン時のユーザー権限や操作する機器によって異なります。設定項目に、各設定項目の設定値が記載されています。赤い太字は工場出荷時の設定です。

「DeviceAdmin」「NetworkAdmin」について

設定項目の一覧表にはそれぞれ「DeviceAdmin」「NetworkAdmin」という項目が記載されています。本機で管理者を設定した場合、Administrator権限を持つユーザーはすべての設定項目を変更することができますが、一般ユーザーには制限がかかり、一部の設定項目を変更できなくなります。ただし、DeviceAdminとNetworkAdminの権限を持つユーザーは、制限されている中でも変更可能な設定項目があります。そのような設定項目に、DeviceAdminまたはNetworkAdminの権限での設定変更の可否が○×で記されています。

「リモートUIによる設定」「機器情報配信」について

設定項目の一覧表にはそれぞれ「リモートUIによる設定」「機器情報配信」という項目が記載されています。リモートUIからの変更や機器情報配信の対応の可否が○×で記されています。

「一括インポート」について

設定項目の一覧表に「一括インポート」という項目が記載されています。リモートUIから一括インポートできる設定項目かどうかが、ABCまたは×で記されています。ABCの意味は次のとおりです。

ケースA

本機に一括インポートする場合
本製品にバックアップ用の設定情報を戻します。
 
 
エクスポート
 
 
 
インポート
 
 
 
設定情報

ケースB

本機と同じ機種に一括インポートする場合
本機と同一シリーズの製品が対象となります。
 
エクスポート
 
 
 
設定情報
 
インポート
 
 

ケースC

本機と異なる機種に一括インポートする場合
一括インポートに対応している機種が対象となります。
 
エクスポート
 
 
 
設定情報
 
インポート
 
 

「リモートUIでのエクスポート項目名」について

設定/登録の各設定が、リモートUIからの一括エクスポートのどの項目に属するかを記載しています。インポート/エクスポート対象外の項目は「‐」と記載しています。設定内容を一括してインポート/エクスポートする
リモートUIからの一括エクスポートで選択できる項目は以下のとおりです。
一括エクスポートで選択できる項目
設定/登録の基本情報
用紙種類の管理設定
プリンター設定の仕様設定
プリンター設定のダウンロードプロファイル
転送設定
ボックス関連設定
部門別ID管理設定
鍵設定
証明書/証明書失効リスト(CRL)設定
ビジュアルメッセージ設定
ホーム設定
ウェブブラウザー設定
よく使う設定
アドレス帳
ユーザーグループ宛先表
認証ユーザー管理
セキュリティーポリシー設定
個人設定情報*
MEAPアプリケーションの設定情報
* [個人設定情報]の対象項目については、パーソナライズできる項目一覧を参照してください。設定/登録一覧表に記載しているリモートUIでのエクスポート項目名は、<機器設定>から設定した値をリモートUIからエクスポートするときに選択します。<個人設定>と<機器設定>について
3SE1-0XA