パソコンからの印刷を制限する

パソコンからの印刷(パソコンから印刷する)を特定の文書だけに制限することができます。印刷操作の直後には印刷せずに本機側での本人確認後にだけ印刷できるようにすることも可能です。(本機内に留め置かれた文書を印刷する(強制留め置き印刷))また、印刷できる文書を暗号化セキュアプリント(暗号化セキュリティーでより安全に印刷する)に限定することで、出力紙の放置や印刷データの盗聴による情報漏えいを未然に防ぐことができます。設定にはAdministratorまたはDeviceAdminの権限が必要です。

パソコンからの印刷を禁止する

パソコンから印刷できないようにします。印刷禁止中でも、パソコンから本機の一時保存スペース「ユーザーボックス」への文書保存や、「ユーザーボックス」内の文書の印刷は可能です。
  <ファンクション設定>  <プリンター>  <プリンタージョブの制限>  <ON>  <OK>

強制留め置き印刷の設定をする

 
パソコンから文書を印刷するときに、印刷データを本機内にとどめてすぐには印刷されないようにすることができます(本機内に留め置かれた文書を印刷する(強制留め置き印刷))。本機で本人確認を行ってからしか印刷できないよう設定することもできるので、大切な文書を他人に見られたり、間違えて持って行かれたりする心配がなく、安心して印刷することができます。設定にはAdministratorの権限が必要です。
1
を押す
2
<ファンクション設定>  <プリント>  <強制留め置き>を押す
3
<ON>を押し、必要な条件を設定したあと、<OK>を押す
ユーザーやIPアドレスなど、印刷文書を留め置く条件を詳しく設定することができます。条件を設定しない場合は、ユーザ―不定以外のすべての印刷文書を留め置きます。条件を設定していない状態でユーザー不定のジョブを受信した場合は印刷ジョブはキャンセルされ、留め置きされません。
文書を留め置く/プリントする/取り消す条件を設定する
強制留め置き印刷の詳細設定をする
留め置いた印刷文書の保存期間や表示方法などを詳細に設定することができます。<プリント>

暗号化セキュアプリントだけを許可する

パソコンから印刷できる文書を、暗号化セキュアプリントの文書に限定し、印刷データの盗聴による情報漏えいを防止します。この設定を行うと、通常の印刷操作を行っても印刷できなくなります。なお、暗号化セキュアプリントの文書を印刷するときは、本機側でのパスワード入力が必要になります。暗号化セキュリティーでより安全に印刷する
  <ファンクション設定>  <プリント>  <暗号化セキュアプリントジョブのみ受付>  <ON>  <OK>      <設定の反映>  <はい>
3SE1-0CH