文書のセキュリティーを高める

本機には紙文書/電子文書を問わず、漏えいや改ざんを防ぐためのセキュリティー機能が用意されています。無断複製による機密文書の流出、情報の漏えい、証明書の偽造といったリスク対策は管理者自身が講じてください。
識別情報の強制印字
印刷/コピーするときに、ログイン時に入力したユーザー名などを必ず印字するようにします。これにより、どのユーザーが出力した文書なのかを特定することができます。出力紙にユーザー情報を印字する
強制地紋印字
印刷/コピーするときに、「コピー禁止」や「社外秘」などの見えない文字を出力紙の背景に常に埋め込むようにすることができます。出力紙を複製しようとすると、埋め込まれた文字が用紙全面に浮かび上がって出力されるので、無断複製や情報の流出についてユーザーに注意を促すことができます。隠し文字を埋め込む(強制地紋印字)
強制ジョブロック
二次元バーコードを強制的に埋め込むことで、出力紙の複製を制限することができます(ジョブロック)。情報解析ツールを使えば、「いつ、誰が、どの機械を使って二次元バーコードを埋め込んだのか」を追跡することも可能です。複製を制限する情報を埋め込む(強制ジョブロック)
電子署名
スキャン文書に電子署名を付けることで、本機で作成する文書の信頼性を高めることができます。鍵と証明書の仕組みを利用して電子署名が付加されるため、文書を作成した機器やユーザーを明示し、改ざんのないことを証明することができます。送信ファイルに電子署名を付ける
3SE1-0CK