PODデッキライト・C/ペーパーデッキユニット・E

大容量の給紙部を1つ追加できます。大量に印刷することが多い場合に便利です。
 
PODデッキライト・C
ペーパーデッキユニット・E

リリースレバー

本体から引き離すときに押します。

オープンボタン

用紙をセットするときなど、ペーパーデッキを開けるときに押します。

ペーパーデッキ

用紙をセットします。
PODデッキライト・Cに用紙をセットする
ペーパーデッキユニット・Eに用紙をセットする
本機がスリープモードに移行しているときは、ペーパーデッキを開けられない場合があります。本体の[節電]キーを押してスリープモードを解除してから、「PODデッキライト・C」「ペーパーデッキユニット・E」のオープンボタンを押してください。

PODデッキライト・Cに用紙をセットする

ホチキスを設定してプリント中に用紙がなくなって出力が停止した場合は、ホチキスされる前の出力紙の束は取り除かないでください。(用紙を補給すると、出力紙の束はそのまま継続してホチキスされて、出力されます。)
PODデッキライト・C内にものを落としたときなど、リフターを持ち上げる必要がある場合は斜めに、または水平に50 mm以上持ち上げないでください。故障の原因となります。
1
ペーパーデッキを開く
1
オープンボタンを押す
2
ペーパーデッキを開く
内部のリフターが自動的に用紙補給位置まで下がります。
2
用紙を準備する
用紙をよくさばいて、平らな場所で用紙の端をそろえる
3
用紙の端がペーパーデッキの左側面にぴったりとあたるように用紙をセットする
封筒またはロゴマーク付きの用紙をセットするときは、用紙の向きなどに注意してください。
PODデッキライト・Cに封筒をセットする
PODデッキライト・Cにロゴなどが印刷された用紙をセットする
インデックス紙をセットするときは、正順の並びにして、インデックス部が給紙方向とは逆側になるようにセットしてください。
4
ペーパーデッキを「カチッ」と音がするまでゆっくりと本体に押し込む
内部のリフターが自動的に上がり、プリントできる状態になります。
次のようなときは、使用する用紙に合わせてサイド規制板をセットしてください。PODデッキライト・Cの用紙サイズを変更する
ペーパーデッキに初めて用紙を補給するとき/補給した用紙の大きさがサイド規制板の位置と合っておらず、用紙がたわんだり、隙間ができたりするとき
用紙をペーパーデッキにセットする際、後端規制板に強い衝撃を与えないでください。故障の原因になります。
使用可能な用紙以外をPODデッキライト・Cにセットしないでください。紙づまりの原因になります。用紙について
用紙がカールしているときは、カールをなおしてからセットしてください。
プリント済みの用紙をPODデッキライト・Cにセットしないでください。故障の原因になります。裏面にプリントする場合(両面2面目プリント)は、必ず手差しトレイにセットしてください。
ペーパーデッキの用紙をセットする部分以外のスペースに、用紙や用紙以外のものを入れないでください。故障の原因になることがあります。
PODデッキライト・Cの内部には紙さばき用ファンが取り付けられています。送風口にクリップなどの異物を入れないでください。
湿度が低い環境で、PODデッキライト・Cに用紙をセットしてご使用になると、紙づまりが起きる可能性があります。紙づまりが起きたときは、タッチパネルディスプレーに表示されるメッセージに従って用紙を取り除き(ペーパーデッキに用紙がつまった(オプション) )、セットされている用紙がカールしていないことを確認してください。カールしているときは、カールをなおしてからセットしてください。
用紙の高さが積載制限マーク()を越えていたり、ペーパーデッキが奥まで押し込まれていなかったりすると、コピーやプリントができません。
積載制限マーク()を越える枚数の用紙をセットしないでください。
ペーパーデッキが本体奥まで押し込まれているかどうかを確認してください。
用紙を補給する場合は、PODデッキライト・Cの用紙サイズ設定と、セットする用紙サイズがあっていることを確認してください。
用紙押さえのローラー部よりも下に用紙をセットしてください。
厚い用紙束を一度にセットすると、用紙の端の傷やめくれにより印字不良の原因になることがあります。用紙は高さ20 mm以下の束にわけてセットしてください。
PODデッキライト・Cに用紙をセットするときは、プリントする面を上にしてセットしてください。
プリントするときに不具合が生じたときは、用紙を裏返してセットしなおしてください。

PODデッキライト・Cの用紙サイズを変更する

1
  <環境設定>  <用紙設定>  <用紙の設定>を押し、用紙サイズを登録する
定形サイズの用紙をセットする場合は、用紙サイズが自動認識されます。
定形サイズ以外の用紙をセットする場合は、ペーパーデッキ/給紙カセットの用紙サイズと種類を設定するを参照して、用紙サイズを登録してください。PODデッキライト・Cの用紙は、のボタンに登録します。
2
ペーパーデッキを開く
1
オープンボタンを押す
2
ペーパーデッキを開く
内部のリフターが自動的に用紙補給位置まで下がります。
使用状況によってはオープンボタンを押しても、ペーパーデッキが開くのにしばらくかかる場合があります。
3
後端規制板を用紙にかからないところまで広げる
後端規制板は、レバーをつまんでスライドさせます。
4
セットされている用紙をすべて取り出す
5
レバーをつまみ、サイド規制板(手前)とサイド規制板(奥)をスライドさせて、セットする用紙にかからないところまで広げる
はがきをセットする場合は、レバーをつまみ、はがきガイド(手前)とはがきガイド(奥)を動かします。
6
変更したいサイズの用紙を10 mm位の高さまでセットする
B4以上のサイズの用紙をセットするときは、用紙をセットする前に一度ペーパーデッキを閉じてリフターを上昇させ、再度ペーパーデッキを開いてから用紙をセットしてください。リフターが下がっている状態で用紙を補給すると、用紙を正しくセットできずに紙づまりの原因となります。
封筒またはロゴマーク付きの用紙をセットするときは、用紙の向きなどに注意してください。
PODデッキライト・Cに封筒をセットする
PODデッキライト・Cにロゴなどが印刷された用紙をセットする
インデックス紙をセットするときは、正順の並びにして、インデックス部が給紙方向とは逆側になるようにセットしてください。
7
レバーをつまみ、サイド規制板(手前)とサイド規制板(奥)をスライドさせて、用紙サイズに合わせる
8
セットする用紙に合わせて、後端規制板を動かす
後端規制板を正しく合わせないと、紙づまりやプリントの汚れ、本製品内部の汚れの原因になります。後端規制板はペーパーデッキの底面と上部にある用紙サイズの指標に必ず正しく合わせてセットしてください。
9
残りの用紙をすべてペーパーデッキにセットする
厚い用紙束を一度にセットすると、用紙の端の傷やめくれにより印字不良の原因になることがあります。用紙は高さ20 mm以下の束にわけてセットしてください。
10
ペーパーデッキを「カチッ」と音がするまでゆっくりと本体に押し込む
内部のリフターが自動的に上がり、プリントできる状態になります。
11
メディアシートの用紙サイズを変更し、メディアプレートに差し込む
1
メディアプレートからメディアシートを引き抜く
2
変更後の用紙サイズのラベルをメディアシートに貼る
3
メディアシートを差し込む
用紙をペーパーデッキにセットする際、後端規制板に強い衝撃を与えないでください。故障の原因になります。
紙づまりやプリントの汚れ、本製品内部の汚れの原因になりますので、サイド規制板(手前)とサイド規制板(奥)、後端規制板を用紙サイズの指標にあわせてください。
用紙がカールしているときは、カールをなおしてからセットしてください。
用紙の高さが積載制限マーク()を越えていたり、ペーパーデッキが奥まで押し込まれていなかったりすると、コピーやプリントができません。
積載制限マーク()を越える枚数の用紙をセットしないでください。
ペーパーデッキが、本体奥まで押し込まれているかどうかを確認してください。
ペーパーデッキの横の空いている部分には、用紙や用紙以外のものを入れないでください。故障の原因になることがあります。
プリントするときに不具合が生じたときは、用紙を裏返してセットしなおしてください。ただし、エンボス紙、片面コート紙や表裏が異なる印字済み紙の場合は裏返せません。新しい用紙に交換してください。
厚い用紙束を一度にセットすると、用紙の端の傷やめくれにより印字不良の原因になることがあります。用紙は高さ20 mm以下の束にわけてセットしてください。

PODデッキライト・Cに封筒をセットする

PODデッキライト・Cに封筒をセットするには、オプションの封筒搬送キット・Gが必要です。オプション機器について
1
封筒をセットする前の準備を行う 封筒をセットする前の準備
2
給紙カセットに封筒搬送キット・Gを装着する
装着方法については、封筒搬送キット・Gのマニュアルを参照してください。
3
用紙ガイドの位置を調節する
4
封筒をセットする
封筒のオモテ面(貼り合わせがない面)を上にして、以下のようにセットします。
長形3号、角形2号
封筒のふたが右側になるようにセットします。
洋形長3号、ISO-C5、Monarch、DL、COM10 No.10
封筒のふたを閉じて、ふたが奥側になるようにセットします。
洋形長3号について、封筒のメーカーによっては封筒搬送キット・Gは使用せず、以下のようにセットしてください。

PODデッキライト・Cにロゴなどが印刷された用紙をセットする

ロゴマークなどが印刷されている用紙を使うときは、用紙の向きに注意してセットする必要があります。ロゴマークなどがある面に正しく文書をプリントするために、レイアウトやプリントのしかたに応じて用紙をセットしてください。
コピーする場合は、原稿をセットする向きにも注意してください。コピーする場合の原稿の向き
<画像向き優先>と<フィーダー使用時のコピー速度優先>は、あらかじめ<OFF>にしておいてください。
<画像向き優先>
<フィーダー使用時のコピー速度優先>
タテ向きのロゴ入り用紙を使う場合
ロゴが見える状態で、用紙サイズに応じて次の図のようにセットします。
A4/B5
 
A3/B4
ヨコ向きのロゴ入り用紙を使う場合
ロゴが見える状態で、用紙サイズに応じて次の図のようにセットします。
A4/B5
 
A3/B4

ペーパーデッキユニット・Eに用紙をセットする

ホチキスを設定してプリント中に用紙がなくなって出力が停止した場合は、ホチキスされる前の出力紙の束は取り除かないでください。(用紙を補給すると、出力紙の束はそのまま継続してホチキスされて、出力されます。)
ペーパーデッキユニット・Eにセットできる用紙のサイズは、A4またはB5に固定されています。サイズ変更については、担当サービスにご連絡ください。
1
ペーパーデッキを開く
1
オープンボタンを押す
2
ペーパーデッキを開く
内部のリフターが自動的に用紙補給位置まで下がります。
2
用紙を準備する
用紙をよくさばいて、平らな場所で用紙の端をそろえる
3
用紙をセットする
ロゴマーク付きの用紙をセットするときは、用紙の向きに注意してください。ペーパーデッキユニット・Eにロゴなどが印刷された用紙をセットする
4
ペーパーデッキを閉じる
内部のリフターが自動的に上がり、プリントできる状態になります。
使用可能な用紙以外をペーパーデッキユニット・Eにセットしないでください。紙づまりの原因になります。用紙について
用紙がカールしているときは、カールをなおしてからセットしてください。
プリント済みの用紙をペーパーデッキユニット・Eにセットしないでください。故障の原因になります。裏面にプリントする場合(両面2面目プリント)は、必ず手差しトレイにセットしてください。
ペーパーデッキの用紙をセットする部分以外のスペースに、用紙や用紙以外のものを入れないでください。紙づまりの原因になることがあります。
用紙の高さが積載制限マーク()を越えていたり、ペーパーデッキが奥まで押し込まれていなかったりすると、コピーやプリントができません。
積載制限マーク()を越える枚数の用紙をセットしないでください。
ペーパーデッキが、本体奥まで押し込まれているかどうかを確認してください。
ペーパーデッキユニット・Eに用紙をセットするときは、プリントする面を上にしてセットしてください。
プリントするときに不具合が生じたときは、用紙を裏返してセットしなおしてください。

ペーパーデッキユニット・Eにロゴなどが印刷された用紙をセットする

ロゴマークなどが印刷されている用紙を使うときは、用紙の向きに注意してセットする必要があります。ロゴマークなどがある面に正しく文書をプリントするために、レイアウトやプリントのしかたに応じて用紙をセットしてください。
コピーする場合は、原稿をセットする向きにも注意してください。コピーする場合の原稿の向き
<画像向き優先>と<フィーダー使用時のコピー速度優先>は、あらかじめ<OFF>にしておいてください。
<画像向き優先>
<フィーダー使用時のコピー速度優先>
タテ向きのロゴ入り用紙を使う場合
ロゴが見える状態で、次の図のようにセットします。
ヨコ向きのロゴ入り用紙を使う場合
ロゴが見える状態で、次の図のようにセットします。
3SCY-0XR