本体前面

人感センサー

人が本機に近づいたことを感知して、自動的にスリープモードを解除します。スリープモードにする

操作パネル

テンキー、、各種ランプ、タッチパネルディスプレーなどが配置されています。操作/設定はすべてこの操作パネルから行います。操作パネル

本体右上カバー

用紙がつまったときに、このカバーを開いて用紙を取り除きます。 本体右側に用紙がつまった

手差しトレイ

ペーパーデッキ/給紙カセットにセットされていない用紙でプリントしたいときなどに、ここにセットします。
手差しトレイ
手差しトレイに用紙をセットする

ガラス清掃シート保管BOX

ガラス清掃シートを収納するボックスです。

USBポート(本体右側面奥)

外付けハードディスクなどを接続します。データをバックアップ/リストアする
USBポート(本体右側面奥)はUSB 3.0に対応しています。

USBコネクタ

USBケーブルを使ってパソコンに接続します。
USBコネクタはUSB 2.0に対応しています。

LANポート

LANケーブルを使って有線LANルーターやハブなどに接続します。ネットワーク環境を設定する

本体右下カバー

用紙がつまったときに、このカバーを開いて用紙を取り除きます。 本体右側に用紙がつまった

給紙カセット1/給紙カセット2

よく使う用紙は、ここにセットします。ペーパーデッキにセットできないサイズの用紙もセットできます。ペーパーデッキ/給紙カセット

ペーパーデッキ1/ペーパーデッキ2

よく使う用紙は、ここにセットします。ペーパーデッキ/給紙カセット

電源スイッチ

電源を入れたり、切ったりします。
電源を入れる
電源を切る

USBポート(本体前面)

USBメモリーなどを接続します。USBメモリーを差し込む
メモリーメディアによっては正しくデータを保存できない場合があります。
USBポート(本体前面)はUSB 2.0に対応しています。

フィーダー

ここに原稿をセットして操作すると、原稿が自動的に読み込まれます。2枚以上の原稿を連続して読み込むこともできます。フィーダー

トナー交換カバー

トナー容器を交換するときに開けます。トナー容器を交換する

本体前カバー

紙づまりを処理するときに、このカバーを開けます。本体右側に用紙がつまった

本体左カバー

紙づまりを処理するときに、このカバーを開けます。本体左側に用紙がつまった
オプション装着時の本製品の構成については、オプションについてを参照してください。
USBメモリーを差し込む
操作パネルの左側にあるUSBポートにUSBメモリーを差し込みます。USBメモリー内のデータを直接プリントしたり、読み込んだ原稿を直接USBメモリーに保存したりすることができます。
USBメモリーを挿入する前に、USBメモリーが正しい向きになっているか確認してください。間違った向きで差し込もうとすると、USBメモリーと本体が故障する原因になります。
USBメモリーを取り外すときは、必ずメモリーメディアを取り外すの手順に従って行ってください。手順以外の方法でUSBメモリーを取り外した場合、USBメモリーと本体が故障する原因になります。
USBメモリーの対応フォーマットはFAT32/exFATです。
次のような機器や使用のしかたはサポートしていません
セキュリティー機能付きのメモリーメディア
USB規格に準拠していないメモリーメディア
USB接続のメモリーカードリーダー
延長ケーブルを使ってのメモリーメディアの使用
USBハブ経由でのメモリーメディアの使用
3SCY-01H