<画質調整>

コピーやプリントの画質調整について説明しています。
<自動階調補正>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
印刷物の階調(グラデーション)の再現性が原稿と著しく異なる場合、印刷結果が原稿により近くなるように調整します。階調を補正する
<自動色調補正の実行>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>  <自動色調補正>
印刷物の色味が原稿と著しく異なる場合、印刷物の色味が原稿により近くなるように調整します。色調を補正する
<補正基準の登録>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>  <自動色調補正>
お好みの補正基準を作成して色調補正したい場合は、補正基準を登録します。色調を補正する
<適用するジョブタイプ>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>  <自動色調補正>
コピージョブとプリントジョブに対して色調補正を行うかどうかを設定します。
<濃度補正>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
印刷物の濃度が原稿と著しく異なる場合、印刷物の濃度が原稿により近くなるように調整します。濃度を補正する
<濃度ムラ補正>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
印刷物の画像部分に濃度ムラが発生する場合、濃度が均一になるように調整します。濃淡のムラを補正する
<自動色ずれ補正>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
印刷物の色がにじんだりぼやけたりしたときは、色ずれが生じている可能性があります。このような色ずれが起こらないように調整します。色ずれを補正する
<フルカラー時の鮮やかさ設定>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
カラー印刷するときに、色がより鮮やかに再現されるようにします。色味を鮮やかにする
<ズーム微調整>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
コピーした画像の大きさが原稿と異なる場合、同じ大きさになるように微調整します。画像サイズを微調整する
<ディザパターンの設定>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
プリント画像の階調や輪郭をより滑らかに表現したい場合、ディザパターンを設定します。ディザパターンを設定する
<カラー調整>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
カラー印刷するときに、カラーバランスの強弱や濃度を微調整します。カラー調整する
<ドラム温度調整>
 <調整/メンテナンス>  <画質調整>
高温多湿時などに、画像が一部こすったようにゆがんだり、複数の白く細いスジがプリントされたりする場合があります。感光ドラムの温度を切り替えることで、白く細いスジや画像のゆがみを抑えることができます。
<特殊スムージング>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
用紙の搬送方向に対して平行の色ずれを補正して、濃い色の文字、線、図形、写真、画像、グラデーションをなめらかに印刷するための機能です。
<プリント中の階調補正モード>
  <調整/メンテナンス>  <画質調整>
本製品は安定した階調や濃度、および色味を維持するために、一定枚数をプリントするごとに中間転写ベルト上に濃度補正用パッチを作成し、それをセンサーで検知して濃度補正を行っています。必要であれば、この補正頻度を増やしてさらに画質を安定させることができます。
3SCY-0K6