<共通>

給紙動作、排紙動作、印刷動作、スキャン動作、ファイル生成など各機能で共通の設定について説明しています。
本機に装着しているオプションの構成によっては、表示されない設定項目があります。
<用紙カセット自動選択のON/OFF>
  <ファンクション設定>  <共通>  <給紙動作>
コピー/プリント時の用紙選択を<自動>にしたときに使用する給紙箇所を設定します。コピー/プリント動作中に給紙箇所で用紙が無くなったときの自動用紙選択に対しても、本設定は機能します。機能ごとに適切な給紙部を自動で選択する
<「カラー選択」による用紙カセット自動選択>
  <ファンクション設定>  <共通>  <給紙動作>
コピー時の<カラー選択>での設定に応じて使用する給紙箇所を設定します。<自動(カラー/白黒)>でスキャンした場合はスキャン時に確定したカラーモードになります。
<ジョブ中断時のタイムアウト>
  <ファンクション設定>  <共通>  <給紙動作>
本設定を<ON>にしておくと、指定した用紙がないなどでジョブが中断された場合、設定した時間で自動的に次のジョブをプリントすることができます。
<排紙トレイの設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <排紙動作>
本製品のどのトレイに排紙するかを機能ごとに設定できます。
<ジョブ間シフト>
  <ファンクション設定>  <共通>  <排紙動作>
複数のジョブが連続でプリントされたときに、ジョブごとにずらして排紙することで仕分けることができます。
<ジョブ間仕切紙>
  <ファンクション設定>  <共通>  <排紙動作>
複数のジョブが連続でプリントされたときに、ジョブの先頭に指定した用紙を挿し込んで仕分けることができます。
<部数間仕切紙>
  <ファンクション設定>  <共通>  <排紙動作>
設定した部数ごとに、指定した用紙を差し込んで仕分けることができます。本設定を行うと、ソート(1部ごと)、シフト(ずらし)、またはホチキスを設定してプリントしたときに用紙が挿し込まれます。
<排紙トレイの用紙混載>
  <ファンクション設定>  <共通>  <排紙動作>
フィニッシャーの排紙トレイに異なるサイズの用紙を一緒に積載できるようにします。
<残留インデックス紙の強制排出>
  <ファンクション設定>  <共通>  <排紙動作>
インデックス紙を使用した場合、余ったインデックス紙を強制的に排出させるかどうかを設定します。
<ホチキス枚数オーバー時の処理>
  <ファンクション設定>  <共通>  <排紙動作>
ホチキス可能な枚数を超えた場合の処理方法を設定します。
<1枚ジョブのシフト>
  <ファンクション設定>  <共通>  <排紙動作>
本設定を<ON>にし、ジョブ投入時にシフトを設定することで、コピージョブ以外の1枚ジョブをプリントするときに、ずらして排紙し、他のジョブと仕分けることができます。
<プリント優先順位>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
優先順位を高く設定した機能のジョブが、現在実行中のジョブの次に優先してプリントされます。
<用紙種類混載プリント時の生産性/画質優先>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
特定の条件下での画像不良を防ぐために、生産性よりも画質を優先することができます。
<カラー自動判定白黒時の文字/写真優先>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
自動カラー選択で原稿が白黒と認識された場合の画質を設定します。
<2色カラー時の指定色の対象>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
黒と指定色で印刷する2色カラーを使用するときの「指定色」の対象を選択します。2色カラーはコピーおよびプリントで設定できます。本設定はコピーの2色カラーとプリントの2色カラーの両方に反映されます。
すべての有彩色:原稿(または画像データ)の黒以外の有彩色全てに対して色を指定する使い方をする場合。
近似色のみ:原稿(または画像データ)のうち、指定した色(および近い色)だけに色を使い、それ以外の有彩色は全て黒にする使い方をする場合。
置き換わる色と設定の例
以下の色を含む原稿(または画像データ)の場合、2色カラーを指定した場合の色の置き換わり方は以下の通りです。
原稿(または画像データ)に含まれる色:赤、だいだい、青、黒
2色カラーで、「赤」を指定
原稿(または画像データ)
「すべての有彩色」
「近似色のみ」
だいだい
<両面プリント>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>  <レポート出力のデフォルト設定>
送信結果レポートや通信管理レポートなどのレポートを両面プリントで出力します。
<合成のフォーム登録>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
イメージ合成のフォーム画像を登録すると、コピー、保存ファイルの利用の「イメージ合成」機能を使用できます。
<イメージ合成時の画質優先>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
イメージ合成をしてプリントするときに、画質を自動で設定するか、原稿とフォーム画像のどちらかを優先するか設定します。
<ページ印字/スタンプの文字列登録>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
<ページ印字>/<スタンプ>の文字列を登録/編集/削除できます。コピー/ユーザーボックスの<ページ印字>や<スタンプ>、<地紋印字>の<スタンプ>機能を使用するとき、いつも同じ文字列を印字、またはスタンプする場合に便利です。
<部数印字拡張の設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
部数番号に加えて、ユーザー名、日付、任意の文字列を同時に印字することができます。
<識別情報の強制印字>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
出力紙に強制的にユーザーID、日時、IPアドレス、本機のシリアル番号を印字することができます。出力紙にユーザー情報を印字する
<強制地紋印字/ジョブロック>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>  <地紋印字/ジョブロックの設定>
強制地紋印字と強制ジョブロックは、情報漏えいを抑止するための機能です。管理者の権限により一般ユーザーの出力時に必ず実行するよう設定できます。複製を制限する情報を埋め込む(強制ジョブロック) 隠し文字を埋め込む(強制地紋印字)
<プリンタードライバー地紋印字/ジョブロック>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>  <地紋印字/ジョブロックの設定>
プリンタードライバーからプリントするときに、ジョブ毎にここで設定した機能を選択することができます。
<文字/背景のコントラスト調整>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>  <地紋印字/ジョブロックの設定>
地紋印字の文字と背景のコントラスト値を設定できます。サンプルプリントの出力紙をコピーすることで、地紋印字の結果(効果)がわかります。ここでは次の値を設定します。
相対コントラスト値:文字と背景のコントラストを調節します。
基準値の設定:背景の濃度を設定します。
潜像部の濃度:文字の濃度を設定します。
<TLコードの調整>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>  <地紋印字/ジョブロックの設定>
文書に埋め込むTLコードのドットの密度を調整できます。TLコードで複製を制限する
<QRコードの印字位置>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>  <地紋印字/ジョブロックの設定>
QRコードの印字位置を設定します。QRコードで複製を制限する
<スリープからのプリント予測復帰>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
本機がスリープ状態のときにLPD/RAW印刷を行うと、印刷開始までに時間がかかることがあります。本設定を<ON>にすると、その時間を短縮することができます。
<中断ジョブの自動削除>
  <ファンクション設定>  <共通>  <印刷動作>
本設定を<ON>にしておくと、紙づまりなどでジョブが中断された場合、設定した時間で自動的にジョブを削除することができます。
<フィーダー原稿給紙トレイの上昇タイミング>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
<コピー>や<スキャンして保存>ファンクションなどを使って原稿をスキャンする時の、フィーダー原稿給紙トレイを上昇させるタイミングを切り替えます。
<フィーダー紙づまり発生時の再開方法>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
フィーダーの紙づまりが発生した場合の原稿読み取りの再開方法を設定できます。
<フィーダー重送検知のデフォルト設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
各ファンクションの<フィーダー重送検知>のデフォルトを設定します。コピーの基本操作 スキャンの基本操作 Iファクスを送信する ファクス送信の基本操作
<原稿読み取り時の静音設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
フィーダーからの読み込み時に、速度を優先するか静音での読み込みを優先するかの設定をします。
<すじ汚れの除去>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
原稿読み込み時のすじ汚れを検知して除去することができます。
<白黒読込時の速度/画質優先>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
白黒読み込みするときに、速度を優先するか画質を優先するかを設定します。
<LTRR/STMT原稿の区別>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
LTRRサイズ原稿、またはSTMTサイズ原稿を原稿台ガラスにセットして読み込むときに、原稿サイズを手動で区別させるか、強制的にどちらかのサイズで動作させるかを設定できます。
<リモートスキャン時のガンマ値>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
カラーで読み込んだ画像をコンピューターに取り込む際のガンマ値を設定できます。コンピューター側に合ったガンマ値を設定することで、プリンター出力時に適切な濃度でプリントできます。
<自動オンライン移行>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
本設定を<ON>にすると、<リモートスキャナー>(<ホーム>画面)を押すだけで、自動的にリモートスキャナー機能を有効することができます。
<自動オフライン移行>
  <ファンクション設定>  <共通>  <スキャン動作>
ネットワークがオンラインの状態では、<コピー>、<スキャンして保存>での読み込みなどの操作を行うことができない場合があります。<自動オフライン移行>を<ON>に設定すると、<環境設定>(設定/登録)の<オートクリア移行時間>で設定した時間が経過すると自動的にオフラインに移行します。
<高圧縮/少数色時の画質レベル>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
<スキャンして送信>や<スキャンして保存>をする際のファイル形式に、PDF(高圧縮/少数色)/XPS(高圧縮)を選択したときの画質レベルを設定できます。
<PDF(少数色)の解像度設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
<スキャンして送信>や<スキャンして保存>をする際のファイル形式に、PDF(少数色)を選択したときに、解像度を落としてPDFのファイルサイズをより小さくできます。
<OCR (文字認識) 設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
ファイル形式で「PDF/XPS/OOXML(OCR)」を選択したときの、原稿向き自動検知の設定とファイル名OCRで使用する文字数を設定します。原稿向き自動検知とは、原稿の文字方向と並び方向を判断し、パソコンで閲覧するさいに正しい上下になるようにデータを回転させる機能です。ファイル名OCRとは、OCR処理で読み込んだ最初の文字列を送信するときのファイル名にする機能です。ファイル名OCRはスキャンして送信画面の<その他の機能>の<ファイル名>から設定します。ファイル名を設定する
<アウトライン設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
図形をアウトライン化したファイルを生成するときの、原稿に含まれる線画の認識率を変更できます。
<OOXML設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
Office Open XML形式のファイルを生成するときの背景画質のレベル、カラー図形と認識するレベル、カラー図形中の等幅線の認識の設定をします。
<Wordファイルに背景画像を含める>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
原稿をスキャンしてWordファイルを生成する際、背景として認識された画像を消去します。不必要な画像が消えるため、Wordファイルの編集がしやすくなります。
<PDFの下限バージョン指定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
PDF生成時に付与するバージョンの下限を指定できます。
<PDFをPDF/A準拠にする>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
PDF/A-b1に準拠したPDFを生成できます。PDFを表示するときの見栄えが、機器や閲覧ソフトによって変わらないことが保証されているので、長期保存に適しています。
本設定は、下記の初期値として連動します。
<スキャンして送信>の<ファイル形式>
<スキャンして保存>の<ファイル形式>
<保存ファイルの利用>  <送信する>の<ファイル形式>
<転送設定>の<ファイル形式>
<PDFをWeb表示用に最適化>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
ファイルをダウンロードしている途中でも、ダウンロード済みのページだけ表示できるPDFを生成できます。
<暗号化PDFの256-bit AES設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
暗号化PDFを生成するとき、PDFの暗号化レベルは<Acrobat 3.0以降/40-bit RC4>、<Acrobat 6.0以降/128-bit RC4>、<Acrobat 7.0以降/128-bit AES>、<Acrobat 10.0相当/256-bit AES>から選択できます。暗号化レベルとして、<Acrobat 10.0相当/256-bit AES>よりも<Acrobat 9.0相当/256-bit AES>を使用したい場合は、本設定で選択肢の変更を行います。
<基本設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>  <タイムスタンプ設定>
タイムスタンプに必要なタイムスタンプサーバーなどの基本的な設定を行います。送信ファイルに電子署名を付ける
送信するPDFにタイムスタンプをつけるには、ここでの設定以外に次の設定が必要です。
タイムスタンプ用ライセンスファイルのインストール
プロキシーサーバーの設定プロキシーを設定する
<使用制限>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>  <タイムスタンプ設定>
タイムスタンプをつけたPDFの送信時にパスワード入力を要求することによって、タイムスタンプを使用するユーザーを制限できます。
<Rights Managementサーバー設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ファイル生成>
本機は、Adobe LiveCycle Rights Managementとの連携によって閲覧権限などが管理されたPDFを生成できます。
<ジョブロックを使用>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ジョブロックの動作設定>
ジョブロックを使用する場合に、TLコードとQRコードのどちらを使うかを選ぶことができます。
<ジョブロックのTLコード設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ジョブロックの動作設定>
TLコードを使用する場合の設定をします。
<ジョブロックのQRコード設定>
  <ファンクション設定>  <共通>  <ジョブロックの動作設定>
QRコードを使用する場合の設定をします。
<LDAPサーバー認証で使用する情報>
  <ファンクション設定>  <共通>  <認証方式設定>
LDAPサーバーアクセス時の認証方式を設定します。
<Rights Managementサーバー認証で使用する情報>
  <ファンクション設定>  <共通>  <認証方式設定>
Rights Managementサーバーアクセス時の認証方式を設定します。
<SMTPサーバー認証で使用する情報>
  <ファンクション設定>  <共通>  <認証方式設定>
SMTPサーバーアクセス時の認証方式を設定します。
<ファイル送信/参照時の認証で使用する情報>
  <ファンクション設定>  <共通>  <認証方式設定>
ファイルサーバーアクセス時の認証方式を設定します。
3SCY-102