認証機能を設定する

ユーザーのログイン方法、認証先、その他の認証機能をお使いの環境や用途に合わせて設定します。また、ログイン画面の表示方法を指定することもできます。

ユーザーのログイン方法と認証先を設定する

個人認証管理で使用したいログイン方法(ログイン方法について)や認証先(認証先について)を指定します。いずれの認証先もあらかじめ設定が完了している必要がありますので確認してください。
1
リモートUIを起動する リモートUIを起動する
2
ポータルページで[設定/登録]をクリックする リモートUIの画面について
3
[ユーザー管理]  [認証管理]をクリックする
4
[基本設定]  [編集]をクリックする
5
[ユーザー認証機能を利用する]にチェックマークを付け、必要な設定をする
使用したいログイン方法を選び、認証先などの詳細を設定します。
シンプルログインを設定したときは、キーボード認証の認証先は常に[ローカルデバイス]になります。認証サーバーの登録ユーザーで本機にログインしたいときは、シンプルログインを使用しないでください。
シンプルログインの設定をする
モバイル認証の設定をする
ICカード認証の設定をする
キーボード認証の設定をする
認証機能の詳細を設定する
6
[更新]をクリックする
7
本機を再起動する 本機を再起動する
[Webサービスの認証方式 :]で選択した認証方式は、機器情報配信で個人認証を行う場合にも利用されます。機器情報配信時のユーザー認証を設定する

ログイン画面の表示方法を指定する

ログイン画面の表示方法を「操作を開始するとき」と「機能を選択したあと」の2通りから選択できます。「機能を選択したあと」を選択すると、使用前にログイン操作が必要な機能を指定できるため、指定しなかった機能は未登録のユーザーでも使用できるようになります。
1
リモートUIを起動する リモートUIを起動する
2
ポータルページで[設定/登録]をクリックする リモートUIの画面について
3
[ユーザー管理]  [認証管理]をクリックする
4
[操作パネルの設定]  [編集]をクリックする
5
必要な設定をする
[ログイン設定]
[ログイン画面の表示 :]でログイン画面を表示させるタイミングを選びます。
[認証が必要な機能を選択時にログイン画面を表示する]を選んだときは、ログイン画面を表示させる機能も合わせて選択してください。
本設定を変更すると、連動して<認証ユーザー以外のジョブの操作制限>が<ON>に設定されることがあります。設定の関係は以下の通りです。<認証ユーザー以外のジョブの操作制限>
[デバイスでの操作開始時にログイン画面を表示する]にチェック:
  <認証ユーザー以外のジョブの操作制限>の<コピー/プリント>、<送信>、<保存>が<ON>
[認証が必要な機能を選択時にログイン画面を表示する]にチェック、かつ[認証する機能の選択]の[コピー]、[保存ファイルの利用]、[プリント]のいずれかにチェック:
  <認証ユーザー以外のジョブの操作制限>の<コピー/プリント>が<ON>
[認証が必要な機能を選択時にログイン画面を表示する]にチェック、かつ[認証する機能の選択]の[ファクス]、[スキャンして送信]のいずれかにチェック:
  <認証ユーザー以外のジョブの操作制限>の<送信>が<ON>
 [認証が必要な機能を選択時にログイン画面を表示する]にチェック、かつ[認証する機能の選択]の[スキャンして保存]にチェック:
  <認証ユーザー以外のジョブの操作制限>の<保存>が<ON>
<認証ユーザー以外のジョブの操作制限>を<OFF>に設定したいときは、本設定が完了したあとに、<OFF>にしてください。
[ログイン画面の背景設定]
ログイン画面の背景画像を指定できます。
6
[更新]をクリックする
3SCY-0AY