マイフォルダーを設定する

「マイフォルダー」は、個人認証管理でログインしているユーザーが、スキャン文書の送信先に指定できる個人専用のフォルダーで、共有フォルダーやファイルサーバーに作成することができます。かんたんな操作でマイフォルダーに文書を送信できるので、誤操作による情報漏えいを防止する効果も期待できます。マイフォルダーの指定方法には次の3つがあります。Administratorの権限を持つ管理者が指定方法を選択後、その場所をユーザーに通達し、マイフォルダーを各自で作成するよう指示してください。
ユーザーが自由にフォルダーを指定する
ユーザーが自分の好きな場所にフォルダーを作成します。それぞれのユーザーが使い慣れたフォルダーに文書を送信することができます。
管理者がホームフォルダーを指定する
管理者が親フォルダー(ホームフォルダー)を指定しておき、その中にユーザー名ごとのフォルダーが作成されます。マイフォルダーを1か所に集中させることで、管理を楽にすることができます。Windows(SMB)の共有フォルダーとWebDAVサーバーを指定できます。
WebDAV サーバーにホームフォルダーを設置する場合は、すべてのユーザー分のフォルダーを事前に作成しておく必要があります。
サーバーを介してフォルダーを指定する
WindowsのActive Directoryなど、認証サーバーに登録されているユーザー情報を使ってマイフォルダーを指定します。Windows(SMB)の共有フォルダーのみ指定できます。

マイフォルダーの指定方法を設定する

1
を押す
2
<ファンクション設定> <送信>  <共通設定>  <マイフォルダー指定方法>を押す
3
マイフォルダーの指定方法を選ぶ
ユーザーが自由にフォルダーを指定する
<ユーザーごとに登録>  <OK>を押します。マイフォルダーをユーザーごとに指定してください。
管理者がホームフォルダーを指定する
1
<ホームフォルダー>  <設定>を押す
2
ホームフォルダーを指定し、<OK>を押す
<プロトコル>
スキャンした文書をマイフォルダーに送信する際に使用するプロトコルを選びます。
<ホスト名>
ホームフォルダーのあるパソコンのコンピューター名またはIPアドレスを入力します。
<フォルダーへのパス>
ホームフォルダーへのパスを入力します。たとえば、ホームフォルダーがC:ドライブの[パブリック]フォルダー内に作成したサブフォルダー「share」(パス:「C:\users\public\share」)のときは、「users\public\share」と入力します。
パスの階層が深すぎると指定できない場合があります。
3
どの認証情報を使用するかを選び、<OK>を押す
マイフォルダー専用のユーザー名とパスワードを使用するときは、<ユーザーごとの認証情報を使用>を押してチェックマークを付けます。ログイン時のユーザー名とパスワードを使用するときは、チェックマークを外してください。チェックマークを付けたときは、ユーザーごとにユーザー名とパスワードを登録する必要があります。
フォルダーは以下の名称でホームフォルダー内に作成されます。
<ユーザーごとの認証情報を使用>にチェックマークがついている場合:ユーザーの設定したユーザー名
<ユーザーごとの認証情報を使用>にチェックマークがついていない場合:ログイン時のユーザー名
サーバーを介してフォルダーを指定する
1
<ログインサーバーで管理>を押す
2
どの認証情報を使用するかを選び、<OK>を押す
マイフォルダー専用のユーザー名とパスワードを使用するときは、<ユーザーごとの認証情報を使用>を押してチェックマークを付けます。ログイン時のユーザー名とパスワードを使用するときは、チェックマークを外してください。チェックマークを付けたときは、ユーザーごとにユーザー名とパスワードを登録する必要があります。
お使いのログインサービスが本機能に対応している必要があります。詳しくは、お買い求めの販売店、または担当サービスへお問い合わせください。
User Autheticationを使用している場合は、Active Directoryのユーザー属性「homeDir」に「\\ホスト名\フォルダーパス」のフォーマットで、フォルダーを設定します。
ユーザーごとにマイフォルダーや認証情報を登録する
ユーザーごとのマイフォルダーやユーザー名/パスワードは、送信基本画面    <ユーザーごとの情報の登録/編集>  <マイフォルダー>から設定できます。
3SCY-0C6