複製を制限する情報を埋め込む(強制ジョブロック)

 
文書を印刷/コピーする際に「ジョブロック情報」を埋め込むことで、コピーやスキャンによる複製を管理者が強制的に制限することができます。また、「追跡情報」を埋め込むことで、「誰が、いつ、どの機器から出力したか」を解析することもできます。これらの情報は、「TLコード」または「QRコード」を使用して文書に埋め込みます。この機能を使用するにはオプションが必要です。システムオプションについて
ジョブロック機能は、出力紙の複製の制限を常に保証するものではありません。全面写真などの出力や、設定の組み合わせによっては、複製の制限や追跡情報が解析できないことがあります。
ジョブロック機能の使用、または使用できなかったことにより生じた損害につきましては、弊社は一切その責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。
imageWARE Trust Stampからプリントジョブが実行された場合は、imageWARE Trust Stampによる設定が優先されます。ただし、<ジョブロックのTLコード設定>の<2重埋込防止設定>で<ジョブキャンセル>を設定している場合には、TLコードによる強制地紋印字または強制ジョブロックが優先されます。<ジョブロックのTLコード設定>

TLコードとQRコードについて

ジョブロック情報や追跡情報を埋め込むには、「TLコード」または「QRコード」を使用します。TLコードとQRコードは埋め込む方法や制限条件、追跡情報の内容が異なりますので、複合機の種類や管理体制に合わせて選択してください。なお、TLコードとQRコードの両方を同時に使用することはできません。
TLコード
TLコードは、文書の背景全域にドットを印字してジョブロック情報を埋め込むため、出力紙の一部が欠けても情報を保持することができます。ただし、ジョブロックに対応したキヤノン複合機でしか複製操作を制限できません。TLコードで複製を制限する
原稿
 
出力紙(TLコード付き)
 
複製を禁止する/
追跡情報を埋め込む
TLコードに追跡情報を含めた場合、追跡情報を解析することによって、TLコードを埋め込んだ日時、ユーザー名、機器名などを調べることができます。
複製を制限せずに追跡情報だけを埋め込むこともできます。
QRコード
文書上に直接、QRコードを印字してジョブロック情報を埋め込みます。QRコードによるジョブロックに対応していれば、キヤノン以外の機器でも複製操作を制限することができます。QRコードで複製を制限する
原稿
 
出力紙(QRコード付き)
 
複製を禁止する/
追跡情報を埋め込む
 
 
QRコードでジョブロック情報を埋め込むと、自動的に追跡情報もいっしょに埋め込まれます。追跡情報を解析することによって、QRコードを埋め込んだ日時、ユーザー名、機器名などを調べることができます。また、複製のたびに追跡情報も更新されていきますので、最後に行われた複製操作の情報を解析することが可能です。
複製を制限せずに追跡情報だけを埋め込むこともできます。

使用するコードを選択する

TLコードとQRコードは併用できません。どちらを使用するかを選びます。
  <ファンクション設定>  <共通>  <ジョブロックの動作設定>  <ジョブロックを使用>  <TLコードを使用する>または<QRコードを使用する>を選択  <OK>      <設定の反映>  <はい>
プリンタードライバーからの印刷にもジョブロック情報を設定することができます。<プリンタードライバー地紋印字/ジョブロック>
3SCY-0E4