機器情報を他のキヤノン複合機に配信する

本体に登録されている各種設定(機器情報)を、ネットワーク上の他のキヤノン複合機に送って自動設定することができます。この機能は、親機となる複合機を決め、そこに登録されている情報(設定/登録メニューの設定値や宛先表などの情報)を子機となる他の複合機に配信し、親機と同じ状態にするものです。新しい複合機を導入した際、設定の手間を大幅に省くことができると同時に、複数の複合機を同じ設定内容で運用できるので、台数が増えても管理運用を容易に行うことができます。配信できる機器情報についての詳細は、設定/登録一覧表を参照してください。
親機、子機ともにimageRUNNER ADVANCEシリーズであれば機器情報の配信が可能ですが、設定によってはシリーズ以外の機種から配信を受けることも可能です。ただし、一部の情報が正しく配信されないこともあります。<デバイス管理> <機器情報配信の設定>
オプションの装着状態によっては、一部の機器情報が正常に配信されないことがあります。

配信の手順

下記のような流れで配信操作を行います。
 
 
はじめに確認する
親機と子機がネットワーク上で正しく接続されていますか?
子機でTLS用の鍵と証明書は設定しましたか?
子機を自動検索するときは、SLP通信が機器間で利用できる状態か確認してください。デバイス管理システムから本機を監視する
 
 
 
 
 
 
機器情報の配信先を登録する
機器情報の配信先となる子機を親機側で登録します。機器情報の配信先を登録する
機器情報の受信時にユーザー認証を行いたいときは、親機/子機で必要な設定を行います。機器情報配信時のユーザー認証を設定する
 
 
機器情報を配信する
 
 
親機/子機で機器情報配信の結果を確認する
3SCY-0FF