アドバンスドボックスのファイルをプリントする

アドバンスドボックスにファイルを保存しておけば、必要なときに本機からかんたんにプリントすることができます。たとえば、不定期に配布する案内図やパンフレットなどを共有スペースに保存しておけば、パソコンでアプリケーションを開く手間を省けます。
新しいドキュメントを保存するメモリー残量を確保するため、不要になったファイルや画像データはスペースから削除しておくことをおすすめします。
1
<保存ファイルの利用>を押す <ホーム>画面
2
<アドバンスドボックス>を押す
3
<共有スペース>または<個人スペース>を押す
画面の表示項目や操作方法については、アドバンスドボックスのファイルやフォルダーを操作するを参照してください。
4
ファイルを選び、<プリントする>を押す
PDFファイルまたはXPSファイルを選んだ場合は、手順6に進みます。
同一フォルダー内で同時に選択してプリントできるファイル数は6ファイルまでです。
5
用紙を選び、<OK>を押す
6
テンキーでプリント部数を入力する
手順4で複数のファイルを選んだ場合は、<部数変更>を押してからプリント部数を入力します。
7
必要に応じてプリント設定をする
プリント設定については、保存ファイルをプリントするときの設定画面/操作についてを参照してください。
パスワード付きのPDFファイルをプリントする場合は、<その他の機能>  <文書を開くパスワード>  <暗号化パスワード>または<ポリシーパスワード>を押したあとパスワードを入力し、<OK>を押してください。なお、プリントが禁止されているPDFファイルをプリントするとき、または低解像度でのプリントのみ許可されているPDFファイルを高解像度でプリントするときは、設定されているパスワードを入力してください。
パスワードを入力せず、<プリント開始>に進むと、暗号化パスワード付きファイルの場合、パスワードの入力画面が表示されます。
8
<プリント開始>を押す
プリントが開始されます。
プリントを中止したいときは、<中止>  <はい>を押します。
ファイルのプレビュー画像を表示してプリントすることもできます。 アドバンスドボックスのファイルやフォルダーを操作する
3SCY-096