コピーの基本操作

原稿をコピーするときの基本的な操作手順を説明します。
1
原稿をセットする 原稿をセットする
<自動ソート>が<ON>のときは、フィーダーに原稿をセットした時点で自動的にソートが設定されます。<自動ソート>
2
<コピー>を押す <ホーム>画面
3
コピーの基本画面でコピー部数を入力する コピーの基本画面について
テンキーで入力します。
4
用途や目的に合わせてコピーの設定をする
カラーコピー/白黒コピーを選ぶ
拡大/縮小する
コピー用紙を選ぶ
両面コピーする
画質を調整する
コピーする前に設定内容を確認する
5
を押す
コピーが始まります。
中止したいときは、<中止>またはを押します。コピーを中止する
コピー中にまたはを押すと、濃度を調整できます。
<地紋印字>を設定しているときは、コピー中に濃度を変更することはできません。
<[スタート] キーで次の原稿を読み込みできます。>と表示された場合
原稿が重ねて読み込まれたときは
読み込みが中断され、画面にメッセージが表示されます。メッセージに従ってジャム処理を行ってください。ジャム処理終了後、再開画面が表示されます。誤って重送検知と認識された場合は、<重送検知しない>を押して読み込みを再開してください。
あらかじめ重送検知を通知しないように設定するには、次の操作を行ってください。
コピー時ごとにコピーの基本画面で<その他の機能>  <フィーダー重送検知>を押して設定を解除する。
<フィーダー重送検知のデフォルト設定>を<OFF>に設定する(<フィーダー重送検知のデフォルト設定>)。
便利な機能
コピーを予約する
プリンターが準備中かプリント実行中であっても先にスキャンだけ済ませることができます。これを「予約コピー」といいます。たとえば、プリント中の画面または待機中の画面が表示されているときに予約コピーするには、<閉じる>を押してから通常のコピーの手順で設定し、を押します。
コピー中のジョブを含めて50件まで予約コピーを行うことができます。ただし、割り込みコピーは含まれません。
3SCY-03S