画像位置を調整する

プリント/コピーされた画像の位置が紙面に対してずれている場合、テストページを確認し、値を入力することで調整できます。

テストページを出力する

画像位置を調整する場合、まずテストページの用紙をプリントします。
1
<画像位置調整>の<変更>を押す
2
<テストページの出力>を押す
3
出力するテストページの部数を設定  <次へ>を押す
4
ユーザー設定用紙をセットしている給紙箇所を選択  <プリント開始>を押す
テストページが出力されます。
テストページに使用できる用紙は、両面コピー/両面プリント時に使用可能な用紙についてを参照ください。
使用する用紙が十分にセットされていることを確認してからテストページを出力してください。

画像の先端レジ位置を調整する

搬送方向に対する用紙の先端で、用紙と画像が正しい位置合わせでプリントされているかを確認して調整します。
1
出力したテストページ(オモテ面)の先端の画像位置を確認する
下記のテストページの場合、指標の中央のラインが、用紙の縁よりも0.4 mm外側にあるので調整が必要です。下記の手順に従い、テストページのオモテ面の先端画像位置を調整してください。
テストページに「1st side」と印字してあるのがオモテ面です。
2
<画像位置調整>画面で、用紙の縁に指標の中央のラインが合うように、<先端レジの移動量 (e)>の<オモテ面>に<->、<+>で数値を入力する
上記の手順のテストページの場合、<オモテ面>を+0.4にします。
<+>
指標の中央のラインが用紙の縁よりも外側にある場合(指標の中央のラインが印刷されなかった場合)に押します。入力された数値に応じて、画像が搬送方向に対して後退します。
<->
指標の中央のラインが用紙の縁よりも内側にある場合に押します。入力された数値に応じて、画像が搬送方向に対して前進します。
3
出力したテストページ(ウラ面)の先端の指標を確認する
4
用紙の縁に指標の中央のラインが合うように、<先端レジの移動量 (e)>の<ウラ面>に<->、<+>で数値を入力する
5
テストページを出力して、画像位置を確認  <OK>を押す
必要に応じて上記の手順を繰り返してください。
<OK>を押して画面を閉じた後に再び開くと、画面上の数値は<0>に戻っていますが、入力した調整値は保持されています。調整を繰り返す場合は、新たに出力したテストページ上で指標を確認し、その数値を入力してください。
累積した調整値を元に戻して最初から調整をやり直す場合は、<初期値に戻す>を押します。
6
<OK>を押す

画像の左端レジ位置を調整する

搬送方向に対する用紙の左端で、用紙と画像が正しい位置合わせでプリントされているかを確認して調整します。
1
出力したテストページ(オモテ面)の左端の画像位置を確認する
下記のテストページの場合、指標の中央のラインが、用紙の縁よりも0.4 mm外側にあるので調整が必要です。下記の手順に従い、テストページのオモテ面の左端画像位置を調整してください。
2
<画像位置調整>画面で、用紙の縁に指標の中央のラインが合うように、<左端レジの移動量 (i)>の<オモテ面>に<->、<+>で数値を入力する
上記の手順のテストページの場合、<オモテ面>を+0.4にします。
<+>
指標の中央のラインが用紙の縁よりも外側にある場合(指標の中央のラインが印刷されなかった場合)に押します。入力された数値に応じて、画像が搬送方向に対して右に寄ります。
<->
指標の中央のラインが用紙の縁よりも内側にある場合に押します。入力された数値に応じて、画像が搬送方向に対して左に寄ります。
搬送方向に対して垂直な辺の長さが304 mm以上の用紙でテストページを出力すると、左端の指標が欠けて出力されることがあります。このような場合は<i>の長さ(規定値20 mm)を測り、20 mmより短い場合は差分に<+>をつけて入力し、長い場合は差分に<->をつけて入力します。
3
出力したテストページ(ウラ面)の左端の指標を確認する
4
用紙の縁に指標の中央のラインが合うように、<左端レジの移動量 (i)>の<ウラ面>に<->、<+>で数値を入力する
5
テストページを出力して、画像位置を確認  <OK>を押す
必要に応じて上記の手順を繰り返してください。
<OK>を押して画面を閉じた後に再び開くと、画面上の数値は<0>に戻っていますが、入力した調整値は保持されています。調整を繰り返す場合は、新たに出力したテストページ上で指標を確認し、その数値を入力してください。
累積した調整値を元に戻して最初から調整をやり直す場合は、<初期値に戻す>を押します。
6
<OK>を押す

画像の倍率調整を行う

定着器の熱で、用紙が拡大/縮小することがあります。その場合、画像も拡大/縮小されます。この機能は、用紙ごとの画像の倍率を設定したり、拡大/縮小されたオモテ面の倍率に、ウラ面の倍率を合わせたりすることができます。画像の倍率調整は、拡大/縮小する割合を入力する方法と、テストページの実測値を入力する方法があります。
1
出力したテストページの画像を確認する
2
<画像位置調整>画面で、画像の拡大/縮小を設定する
拡大/縮小する割合(%)を入力する場合
テストページの実測値を入力する場合
3
<OK>を押す

斜行補正を行う

用紙に対して画像が斜めにプリントされる場合、搬送方向に対して左先端側の余白と、左後端側の余白を同じ長さにすることで補正できる可能性があります。
右側
搬送方向
先端
後端
左側
用紙に対して画像が斜めにプリントされる場合は、まず<斜行補正>を行ってください。
1
<画像位置調整>の<変更>を押す
2
<詳細補正>  <斜行補正>を押す
テストページの実測値で入力する場合
実際の出力紙で補正する場合
3
<OK>  <OK>を押す
デフォルトの値に戻す場合は、<初期値に戻す>を押します。
出力紙にトンボが印字されている場合、印字領域とはトンボ領域内のことを指します。

台形補正を行う

台形のように、用紙に対して画像の後端側が斜めにゆがんでプリントされる場合、搬送方向に対する印刷領域の左右の辺の長さを同じにすることで画像のゆがみを補正できる場合があります。
右側
搬送方向
先端
後端
左側
<台形補正>を行う前に、<斜行補正>と<直角補正>を行ってください。
1
<画像位置調整>の<変更>を押す
2
<詳細補正>  <台形補正>を押す
テストページの実測値で入力する場合
実際の出力紙で補正する場合
3
<OK>  <OK>を押す
デフォルトの値に戻す場合は、<初期値に戻す>を押します。
出力紙にトンボが印字されている場合、印字領域とはトンボ領域内のことを指します。

直角補正を行う

平行四辺形のように、用紙に対して画像が斜めにゆがんでプリントされる場合、用紙先端から印字領域までの余白<a>および余白<g>を同じ長さにすることで、画像のゆがみを補正できる場合があります。
右側
搬送方向
先端
後端
左側
<直角補正>を行う前に、<斜行補正>を行ってください。
1
<画像位置調整>の<変更>を押す
2
<詳細補正>  <直角補正>を押す
テストページの実測値で入力する場合
実際の出力紙で補正する場合
3
<OK>  <OK>を押す
デフォルトの値に戻す場合は、<初期値に戻す>を押します。
出力紙にトンボが印字されている場合、印字領域とはトンボ領域内のことを指します。
3SCY-0RJ