LDAPサーバーを登録する

LDAPサーバーが導入されている環境では、サーバーに登録されているファクス番号やEメールアドレスを本機から検索して宛先を指定したり、本機のアドレス帳に登録することができます。
LDAPサーバーは最大5件まで登録できます。
1
を押す
2
<宛先設定>  <LDAPサーバーの登録>を押す
3
LDAPサーバーを登録する
1
<登録>を押す
2
必要な情報を入力する
<サーバー名>
LDAPサーバーに付ける名称を入力します。
<サーバーアドレス>
LDAPサーバーのIPアドレスまたはホスト名を半角英数字で入力します(入力例:「ldap.example.com」)。
<サーバーアドレス>とDNSについて
本機からLDAPサーバーに宛先検索を行った際にエラーが発生しないよう、次のことにご注意ください。
IPアドレスを入力する場合は、利用できるDNSサーバーが正引きだけに対応しているか確認してください。DNSサーバーが正引きだけに対応しているときは、手順4の<認証情報>で、<使用しない>または<使用する>を押してください。<使用する(セキュリティー認証)>を選ぶときは、DNSサーバーが逆引きに対応していることを確認してください。
<検索開始位置>
LDAPサーバーのディレクトリーツリーのどの位置から検索するか指定します。
LDAPv3の場合は本機が自動的にサーバー側の設定を取得するため省略することができます。LDAPv2の場合は必ず指定してください。
<検索開始位置>の入力形式
Windows Serverの場合は、Active Directoryのドメイン名を構成するドット区切りされた各文字列にDC=を付加し、カンマで区切って入力します。
入力例:Active Directoryにおけるドメイン名が、team1.salesdept.canon.co.jpの場合
DC=team1, DC=salesdept, DC=canon, DC=co, DC=jp
Lotus Notes Dominoの場合は、ou=team1, ou=salesdept, o=canon, c=jpのようにディレクトリーツリー上のノードのdn(識別名)を入力します。
<TLSを使用>
LDAPサーバーとの通信をTLSで暗号化するときは<ON>を押します。
<検索のタイムアウト>
最長何秒間検索を続けるかを秒単位で指定します。
<検索する宛先の上限数>
宛先を何件まで検索できるかを指定します。
<ポート番号>
LDAPサーバーとの通信で使用するポート番号を入力します。
3
<次へ>を押す
4
認証情報を設定する
LDAPサーバー側の設定に合わせて認証方法を指定します。
設定後に<接続確認>より接続の確認ができます。
ログイン情報を使って認証する場合
認証情報として使用するユーザー名とパスワードを入力します。
暗号化したデータで認証する場合
データのやりとりを暗号化して、より安全に認証を行います。この方法を使うと、LDAPバージョンと文字コード情報は<ver.3(UTF-8)>に設定されます。また、本機とLDAPサーバーの時刻を同期させておく必要があります。
ログイン情報を使わずに匿名で認証する場合
3SCY-013