他の機器と接続する

ネットワーク上にあるWindowsサーバーや他のキヤノン複合機のアドバンスドボックスと接続することができます。接続先のWindowsサーバーやアドバンスドボックスに保存されたデータを本機で印刷/送信したり、逆に本機のアドバンスドボックスのデータをWindowsサーバーや他の複合機から取り出すことも可能です。
他の複合機のアドバンスドボックスと接続するためには、相手機側でも設定が必要です。アドバンスドボックスを公開する
1
を押す
2
<ファンクション設定>  <ファイル保存/利用>  <ネットワーク設定>を押す
3
必要な設定をする
接続先を登録する
接続先となるWindowsサーバーまたは他の複合機のアドバンスドボックスを新規登録します。
1
<ネットワークプレース設定>  <登録>を押す
2
必要な情報を入力し、<OK>を押す
<名称>
接続先のWindowsサーバーまたはアドバンスドボックスの名前を入力します。ここで入力した名称は、アクセスするときに一覧表示されますので、分かりやすいものにしてください。
<プロトコル>
接続先のWindowsサーバーまたはアドバンスドボックスがSMBサーバーとして公開されているか、もしくはWebDAVサーバーとして公開されているかに応じて、<SMB>または<WebDAV>を選びます。
<場所>/<ホスト名>
プロトコルで<SMB>を選ぶと<場所>が、<WebDAV>を選ぶと<ホスト名>が表示されます。
<場所>は、共有スペースに接続する場合は「\\ホスト名またはIPアドレス\share」、個人スペースに接続する場合は「\\ホスト名またはIPアドレス\users」と入力します。
<ホスト名>は、「http(s)://ホスト名またはIPアドレス」と入力し、<次へ>を押します。続けて<フォルダーへのパス>を押し、共有スペースに接続する場合は「/share」、個人スペースに接続する場合は「/users」と入力します。
動作不良の原因となる可能性がありますので、公開されている他のimageRUNNER ADVANCEシリーズのアドバンスドボックスやWindowsサーバー以外は登録しないでください。
通信プロトコルを選ぶ
接続時に証明書を検証する
3SCY-01C