オーバーレイ1/オーバーレイ2


オーバーレイ1設定
する、しない
オーバーレイ1番号*
0~32767
オーバーレイ2設定
する、しない
オーバーレイ2番号*
0~32767

* 「オーバーレイ1/オーバーレイ2番号」は、「オーバーレイ1/オーバーレイ2設定」を[する]に設定した場合にのみ表示されます。
オーバーレイプリントを行うかどうかを設定します。オーバーレイプリントを行う場合は、オーバーレイプリントで使用するフォーマットデータの番号を指定します。
オーバーレイプリントとは、各ページに共通するタイトルや表組みなどのフォーマットを、あらかじめ本製品のオーバーレイ領域に登録し、あとから別のデータを重ねてプリントする機能です。オーバーレイプリントを行うと、各ページ共通のデータを、ページごとにアプリケーションソフト側から送る必要がないため、効率良くプリントすることができます。
オーバーレイ領域には、1ページ分のフォーマットを最大で32,768種類登録することができます。フォーマットの作成や登録は、アプリケーションソフト側からLIPSのコントロールコマンドで行います。登録の際にはフォーマットに0~32767の番号をつけて登録します。本項目では、オーバーレイ1あるいはオーバーレイ2として、どの番号のフォーマットを選択するかという設定だけを行います。
メモ
オーバーレイの内容は本製品の主電源を切った場合や「プリンター初期化」を行った場合は削除されます。
オーバーレイ領域に登録したフォーマットデータの内容や番号、サイズは、LIPSユーティリティープリントの「オーバーレイプリント」、「オーバーレイリスト」で確認することができます。
「オーバーレイプリント」、「オーバーレイリスト」の出力のしかたについては、「各モードのレポート出力」を参照してください。
登録するフォーマットをLIPSのコントロールコマンドでプログラミングするときは、「プログラマーズマニュアル」を参照してください。
69WC-01H