いろいろな受信方法

受信した文書をすぐにプリントせずに本機にいったん保存しておくことができます。文書の内容を確認したうえで必要な文書だけをプリントすれば、用紙の無駄を削減できます。また、機密書類を親展として受信することもできます。
受信したIファクス文書に、本製品で対応していないファイル(画像)が添付されているときは、添付ファイルの処理(プリント、転送、システムボックスに保存)は行わず、ファイルを削除します。ファイルを削除すると、削除されたファイルのファイル名と、「画像が形成できません。」というメッセージがIファクスの本文中にプリントされます。
 
 
 
 
6H97-06U