印刷や仕上げの品質を調整する

「明るさや濃度が原稿と異なる」、「折り位置がずれている」など、納得のいく印刷結果が得られない場合や、仕上がりの精度が気になる場合は、次の各種補正を試してみてください。

階調補正

印刷物の階調(グラデーション)の再現性が原稿と著しく異なる場合、印刷結果が原稿により近くなるように調整します。
階調を補正する

濃度補正

印刷物の濃度が原稿と著しく異なる場合、スキャン時の濃度が原稿により近くなるように調整します。
濃度を補正する

濃度ムラ補正

印刷物の画像部分に濃度ムラが発生する場合、濃度が均一になるように調整します。
濃淡のムラを補正する

画像サイズ調整

コピーした画像の大きさが原稿とわずかに異なる場合、同じ大きさになるように微調整します。
画像サイズを微調整する

ディザパターン設定

プリント画像の階調や輪郭をより滑らかに表現するために、プリントする画像に適したディザパターンを設定します。
ディザパターンを設定する

中とじ位置調整

中とじ印刷したときに、折り位置が用紙の中心からずれる場合、折り位置を微調整します。
中とじ位置を調整する

中とじの折り位置調整

中とじ印刷時の折り位置を調整します。
中とじの折り位置を調整する

用紙の折り位置調整

各種折り設定時の用紙の折り位置を調整します。
用紙の折り位置を調整する
6H97-100