宛先操作/送信機能を制限する

アドレス帳に暗証番号を設定して宛先を編集できないようにしたり、送信できる宛先を限定して情報漏えいのリスクを減らすことができます。また、ファクス番号を2回入力しないと発信できないように設定して誤送信対策することも可能です。
6H97-0E3