メモリーメディアの使用を制限する

USBメモリーなどのメモリーメディアは手軽で便利な反面、適切に管理されていない環境下では逆に情報漏えいの要因となる恐れがあります。ここでは、メモリーメディアの使用を禁止して、スキャン文書をメモリーメディアに保存できなくしたり、メモリーメディア内のデータを印刷できないようにしたりします。設定にはAdministratorまたはDeviceAdminの権限が必要です。
(設定/登録) <ファンクション設定>  <ファイル保存/利用>  <メモリーメディア設定>  <スキャン/プリント機能を使用>  <スキャン機能を使用>または<プリント機能を使用>で<OFF>を選択  <OK>  (設定/登録) (設定/登録) <設定の反映>  <はい>
6H97-0E8