ファクスの設定をする

ファクスを使用するには、ファクス番号とユーザー略称(会社名や部署名)を登録し、本機に接続する電話回線の種類を設定します。電話回線の種類が誤っていると通信できませんので、正しく設定してください。
ファクス機能を使用するには
ファクスに必要なオプションが装着されていない場合は、オプションの装着が必要です。システムオプションについて
1
(設定/登録)を押す
2
<ファンクション設定>  <送信>  <ファクス設定>  <回線設定>を押す
3
<回線1>  <ユーザー電話番号の登録>を押す
4
ファクス番号を入力し、<OK>を押す
登録したファクス番号は、発信元として相手先に通知されます。
5
<ユーザー略称の登録>  名称を入力し、<OK>を押す
登録した名称は、発信元として相手に通知されます。
ユーザー略称の代わりに、発信人の名称を表示/プリントすることができます。ファクス送信の基本操作
6
<回線種類の選択>  回線種類を選び、<OK>を押す
電話回線の種類がわからないときは、お客様が契約している電話会社の最寄りの支店、営業所にお問い合わせください。
導入したファクスのオプションに合わせて設定してください
<回線選択画面での回線名称の編集>で、回線選択画面に表示される回線名称を編集することができます。<送信>  <ファクス設定>
<回線選択時のデフォルト宛先表の選択>で、選択した回線に合わせて宛先表の表示を変えることができます。<送信>  <ファクス設定>
<ナンバーディスプレイ設定>で、画面やレポートに相手先電話番号を表示させます。<受信/転送>  <ファクス設定>
<モデムダイヤルイン設定>で、1本の電話回線に2つの電話番号を持たせます。<送信>  <ファクス設定>
<受信モード選択>で、ファクスと電話の着信を自動的に切り替えます。<受信/転送>  <ファクス設定>
6H97-019