通話してから送信する(手動送信)

 
ハンドセットを接続しているときは、相手と通話したあと、電話を切らずにそのまま続けてファクスを送信できます。送信する文書について事前に打ち合わせしてからファクスしたいときにお使いください。
ファクスの基本画面で<オンフック>を押すと、ハンドセットを置いたまま相手との通信を始めることができます。ただし、通話はできません。
手動送信できるのは回線1(標準回線)のみです。
<オンフック>を押して手動送信するときは、<ACCESS MANAGEMENT SYSTEMを使用>の設定を<OFF>にしてください。<ON>にすると送信できない場合があります。ACCESS MANAGEMENT SYSTEMを使用する
コピーカードリーダーを装着しているときに、<オンフック>を押して通話状態にしたままコントロールカードを抜き取ると、回線が切断されます。
1
原稿をセットする 原稿をセットする
複数ページを送信するには、原稿をフィーダーにセットしてください。原稿台ガラスにセットした場合は1ページしか送信できません。
2
電話をかける/うける
電話をかける
電話をうける
3
通話のあと、相手に受信操作をしてもらう
「ピー」という音が聞こえます。
4
(スタート)を押し、ハンドセットを置く
原稿が読み込まれ、送信が始まります。
ハンドセットをきちんと戻しておかないと、受信終了後に「ピロピロピロ・・・」という警告音(オフフックアラーム)が鳴ります。警告音は鳴らないようにも設定できます。<オフフックアラーム>
次の場合は手動送信できません
読み込み設定で以下のいずれかの機能を設定しているとき
<両面原稿>
<原稿サイズ混載>
<枠消し>
<連続読込>
<タイマー送信>
<済スタンプ>
(設定できる機能は、お使いの機種によって異なります。)
部門別ID管理中に、ひとつでも<ファンクション制限>を<OFF>に設定しているとき 部門別ID管理を開始する
原稿サイズを設定するには
フィーダーにセットした原稿のサイズは自動的に設定されます。原稿サイズを自分で指定したいときは原稿台ガラスを使ってください。
83RC-093