トナー容器を交換する

トナー残量が少なくなったり、なくなったりすると、トナー容器の準備や交換をお知らせするメッセージが表示されます。メッセージに従って、新しいトナー容器の準備や交換を行ってください。

トナー容器交換の注意事項

トナー容器は次のとおり保管する
次の環境で保管する 
保管温度範囲:0~30℃
保管湿度範囲:35~85%RH(相対湿度/結露しないこと)
 
*保管湿度範囲内でも、外気温との差がある場合は内部に水滴が付着することがあり(結露)、印字品質に悪影響を及ぼす。
使用する直前まで未開封の状態で保管する
トナー容器を保管する場合は、立てたり、裏返したり、逆さにしたりしない
次の場所に保管しない
火気のある場所
直射日光が当たる場所
空気中に塩分を多く含む場所
腐食性ガス(エアゾールスプレーやアンモニアなど)が充満している場所
高温多湿の場所
温度変化および湿度変化が激しく、結露が生じやすい場所
ホコリの多い場所
幼児の手の届く場所
磁気を発生する製品の近く
電気接点部には触れないでください。
メッセージの詳細については、メッセージごとの対処方法を参照してください。
トナー容器の型番については、消耗品を参照してください。
現在のトナー残量を確認することができます。トナー残量を確認する

トナー容器の交換手順

1
本体前カバーを開く
カバーの左右の端を持って開くと、交換するトナー容器の交換口のフタ(小カバー)が自動的に開きます。
小カバーを手動で開かないでください。無理に開こうとすると、破損する恐れがあります。
2
トナー容器を引き出す
トナー容器の先端部に触れたり、何かにぶつけるなどの衝撃を与えることは絶対に避けてください。トナーが漏れることがあります。
3
新しいトナー容器を箱から取り出す
新しいトナー容器の白い部分を必ず上にして、縦方向に10回程度振る
振ることで内部のトナーを均一にならします。
トナーが偏ったままトナー容器を取り付けると、エラーメッセージが表示されます。画面の指示に従い作業しなおしてください。
トナー容器の白い部分を下に向けないでください。トナーがうまく供給されない場合があります。
4
新しいトナー容器を取り付ける
取り付ける前に、交換するトナーの色と小カバーの上に表示されている色が、同じであることを確認してください。
トナー容器の平らになっている面を下にして、小カバーにスライドさせながら、奥まで押し込みます。
5
小カバーを閉じる
トナーが奥まで押し込まれていないと、小カバーを閉めることができません。破損する恐れがあるので無理に閉めようとしないでください。
6
本体前カバーを閉じる
トナーがなくなり印刷が中断した場合は、トナー容器を交換すると自動的に再開されます。
シアン、マゼンタ、イエローのいずれかのトナーがなくなっても、ブラックのトナーが残っていれば白黒印刷できる場合がありますが、印刷品質が低下します。白黒印刷を続ける場合は、印刷が終わるまでトナー容器を交換しないでください。
トナー容器の交換後、印刷の階調が交換前と異なる場合は、補正を行ってください。
834R-01J