8X4Y-00H

おすすめのセキュリティー設定に変更する

使用環境のタイプを確認したら、本機を各タイプおすすめの設定に変更します。
ここでは、操作パネルを使用して設定する方法を説明します。
パソコンからリモートUIを使用して設定することもできます。
Administrator、DeviceAdminまたはNetworkAdminの権限が必要です。設定の反映には、本機の再起動が必要となります。
1
実行中のジョブがないか確認する
本機の操作パネルで<状況確認>を押し、<コピー/プリント>、<送信>、<受信>、<保存>それぞれの画面の<ジョブ状況>でジョブの有無を確認できます。
2
本機の操作パネルで、<設定/登録>を押す
3
<管理設定>→<セキュリティー設定>→<おすすめセキュリティー設定>を押す
<おすすめのセキュリティー設定>画面が表示されます。
4
このナビで確認した環境タイプを選択して<実行>を押す
実行を確認するメッセージが表示されます。
5
メッセージを確認して<はい>を押す
本機が再起動して、選択した環境タイプのセキュリティー設定が反映されます。
セキュリティーポリシーが1項目でも設定されている場合は、<おすすめセキュリティー設定>は使用できません
<おすすめセキュリティー設定>は、最新のプラットフォームバージョンで使用できます
使用できない場合は、セキュリティー項目を手動で設定することで、おすすめの設定に変更できます。セキュリティー設定の効果と影響
必要な機能が利用できなくなった場合
変更を取り消して元に戻すことができます。
セキュリティー設定を元に戻す
各タイプのセキュリティー設定の詳細や影響については、以下をご確認ください。
セキュリティー設定の効果と影響