> ファクス/電話のトラブル > 電話とファクスが自動的に切り替わらない
40ES-01S

電話とファクスが自動的に切り替わらない

受信モードや受信設定を間違えている、メモリーの空き容量が少なくなっているなどの原因が考えられます。以下を確認してください。

電話とファクスが自動的に切り替わるよう設定されていますか?

受信モードが<FAX / TEL切替>または<留守TEL接続>に設定されていることを確認してください。 
<留守TEL接続>に設定されている場合は、留守番電話機が本機に接続され、応答メッセージが適切に録音された状態で電源が入っているか確認してください。

メモリーの空き容量が少なくなっていませんか?

メモリー内に蓄積されているデータを印刷、送信、または削除してください。 

<呼出開始時間>が短く設定されていませんか?

<呼出開始時間>が短いと、ファクス受信時にファクスと検出されず、外付け電話機の着信音が鳴ることがあります。<呼出開始時間>を長く設定してください。 

電話回線の状態が悪くないですか?

電話回線の状態が悪いときは、<受信スタートスピード>の設定を変更してください。 

送信元はファクスの識別信号(CNG信号)の送信に対応していますか?

ファクスの識別信号を送信できない機器からの通信では、自動的にファクス受信に切り替わりません。手動で受信してください。