> 排紙時のトラブル > 定着ベルトへの用紙巻き込みが原因で、紙づまりがなかなか解消されない
3WE7-01W

定着ベルトへの用紙巻き込みが原因で、紙づまりがなかなか解消されない

ユーザーズガイドに記載されている紙づまりの対処を行ったにもかかわらず、なおしつこく用紙がつまったり、用紙の角が折れて出力される場合は、定着ベルトに用紙が巻き込まれている可能性があります。以下を確認してください。

定着ベルトに用紙が巻き込まれる原因を理解する

定着ベルトに用紙が巻き込まれる原因として以下の3点が考えられます。

高湿のため用紙が多くの水分を含んでしまっている

湿度が高いと用紙が水分を多く含み、その結果、定着ベルトに巻き込まれる可能性も高くなります。

用紙が薄い、用紙にコシがない

薄い用紙や、コシがなく曲がりやすい用紙はカールしやすく、定着ベルトに巻き込まれる可能性も高くなります。

用紙の先端付近に濃度の高い部分がある

濃度が高い部分には高濃度のトナーが付着し、それが用紙と定着ベルトとの間で接着剤の役目をはたします。その結果、用紙先端が定着ベルトから離れにくくなり、巻き込みが発生しやすくなります。
*搬送方向
*先端
定着ベルト 加圧ベルト
用紙先端の余白が少なく、トナー量が多いと用紙は定着ベルトに巻き込まれやすくなる
用紙先端の余白が多く、トナー量が少ないと用紙は定着ベルトに巻き込まれにくくなる

用紙の水分量を適正な状態にする

以下の項目に従って、用紙の水分量を適正な状態にしてください。
適切な湿度/温度の下に用紙を移動し、しばらくその環境になじませてからセットしてください。適切な湿度/温度については、「設置環境基準書」または「メディアガイド」を参照してください。
用紙が吸湿しているときは、ペーパーデッキのヒーターを入れて用紙を乾燥させてください。ヒーターの入れ方については担当サービスにお問い合わせください。
メモ
本機の設置環境を再度確認してください。温度/湿度が一定に保たれた室内に設置されていますか?また、用紙は本機の設置環境と同じ環境で保管するようにしてください。
用紙は包装された状態のまま本機のそばに置き、温度や湿度に十分なじませてからセットするようにしてください。
用紙はセットする直前に包装紙から取り出すようにしてください。

本機の設定値を変更する

「用紙の水分量を適正な状態にする」の対処をしても同じ現象が続く場合は、「自動階調補正をする光沢性を下げるトナー量調整モードをONにする」の順番で本機の設定値を変更してみてください。

自動階調補正をする

自動階調補正を行うとトナー使用量が適正化され、巻き込みが減少する可能性があります。
(設定/登録)→[調整/メンテナンス]→[画質調整]→[自動階調補正]で自動階調補正を行ってください。
ユーザーズガイド「画質と仕上がりの調整(キャリブレーション)」>「画質調整」>「階調や濃度を自動補正する」

光沢性を下げる

光沢性の設定値を下げると定着器の温度が下がり、その結果、用紙のカールが抑えられて巻き込みが減少する可能性があります。ただし画像の光沢性が失われる場合がありますので、必ず出力結果を確認してください。
(設定/登録)→[環境設定]→[用紙設定]→[用紙種類の管理設定]→巻きつきが起こる用紙銘柄を選択→[詳細/編集]→<光沢性/黒品位の調整>の[変更]→<光沢性>の値を「-」方向に調整してください。
ユーザーズガイド「よく使う用紙の登録」>「光沢性/黒品位を変更する」

トナー量調整モードをONにする

トナー量調整モードをONにするとトナー使用量が減り、巻き込みが減少する可能性があります。ただし色味に変化が生じる場合がありますので、必ず出力結果を確認してください。
(設定/登録)→[環境設定]→[用紙設定]→[用紙種類の管理設定]→巻きつきが起こる用紙銘柄を選択→[詳細/編集]→<トナー量調整モード>の[変更]→[ON]を選択します。
ユーザーズガイド「よく使う用紙の登録」>「トナー総量を調整する」
厚紙と薄紙を交互に使って印刷しているときは

それでも直らないときは?

「用紙の水分量を適正な状態にする」と「本機の設定値を変更する」の方法を試しても、なお巻き込みが生じる場合は、以下の対処によって改善されることがあります。ただし、発注内容と異なる対処を行うことになりますので、必ず事前に顧客の了解を得るようにしてください。

用紙の種類を変える

より厚く、コシのある用紙を使うことで、巻き込みが減少する可能性があります。

濃度を下げる

高濃度部の濃度を薄くしてください。付着するトナー量が減少し、用紙が定着ベルトなどから剥離しやすくなります。

用紙先端の余白を広げる

用紙先端からトナー付着部までの余白を広げてください。これによって、用紙先端が定着ベルトなどから剥離しやすくなります。
特定の用紙で頻繁に巻き込みが生じるときは