[FS]シーケンス

FS シーケンスの拡張制御命令は、13種類あります。

漢字の文字ピッチの指定(3/20インチ)([FS] A)

漢字の文字ピッチを3/20インチ(10.5ポイントモード)に設定します。
JIS
FS A
16進数
1Ch 41h
本モードでは、解像度が160 dpiに切り換わります。
本制御命令では、漢字文字サイズは変更せず、文字幅のみを変更します。また、本制御命令は、漢字横印字/縦印字モードの場合に有効です。
本制御命令は、ほかの漢字文字ピッチの指定命令を受信するまで有効です。

漢字の文字ピッチの指定(1/5インチ)([FS] B)

漢字の文字ピッチを1/5インチ(10.5ポイントモード)に設定します。
JIS
FS B
16進数
1Ch 42h
本モードでは、解像度が160 dpiに切り換わります。
本制御命令では、漢字文字サイズは変更せず、文字幅のみを変更します。また、本制御命令は、漢字横印字/縦印字モードの場合に有効です。
本制御命令は、ほかの漢字文字ピッチの指定命令を受信するまで有効です。

漢字の文字ピッチの指定(1/6インチ)([FS] C)

漢字の文字ピッチを1/6インチ(9.5ポイント相当モード)に設定します。
JIS
FS C
16進数
1Ch 43h
本モードでは、解像度が180 dpiに切り換わります。
本制御命令では、漢字文字サイズは変更せず、文字幅のみを変更します。また、本制御命令は、漢字横印字/縦印字モードの場合に有効です。
本制御命令は、ほかの漢字文字ピッチの指定命令を受信するまで有効です。

漢字の文字ピッチの指定(2/15インチ)([FS] D)

漢字の文字ピッチを2/15インチ(9.5ポイント相当モード)に設定します。
JIS
FS D
16進数
1Ch 44h
本モードでは、解像度が180 dpiに切り換わります。
本制御命令では、漢字文字サイズは変更せず、文字幅のみを変更します。また、本制御命令は、漢字横印字/縦印字モードの場合に有効です。
本制御命令は、ほかの漢字文字ピッチの指定命令を受信するまで有効です。

漢字の文字ピッチの指定(1/10インチ)([FS] F)

漢字の文字ピッチを1/10インチ(7ポイント相当モード)に設定します。
JIS
FS F
16進数
1Ch 46h
本モードでは、解像度が240 dpiに切り換わります。
本制御命令では、漢字文字サイズは変更せず、文字幅のみを変更します。また、本制御命令は、漢字横印字/縦印字モードの場合に有効です。
本制御命令は、ほかの漢字文字ピッチの指定命令を受信するまで有効です。

漢字の文字ピッチの指定(1/6インチ)([FS] G)

漢字の文字ピッチを1/6インチ(12ポイント相当モード)に設定します。
JIS
FS G
16進数
1Ch 47h
本モードでは、解像度が180 dpiに切り換わります。
本制御命令では、漢字文字サイズは変更せず、文字幅のみを変更します。また、本制御命令は、漢字横印字/縦印字モードの場合に有効です。
本制御命令は、ほかの漢字文字ピッチの指定命令を受信するまで有効です。

縦縮小文字の2文字縦構成の印字モードの指定([FS] P)

縦縮小印字時に2文字を上下に組み合わせて印字します。
JIS
FS P
16進数
1Ch 50h
文字の縦縮小印字(縦幅が1/2)が指定されている場合、本制御命令を受信すると、次に続く2文字の1文字目を下段、2文字目を上段に配置して1文字の幅に印字します。
本制御命令は、縮小文字を2文字構成で印字した後、自動的に解除されます。

文字修飾の指定([FS] c , , )

文字修飾の設定または解除を指定します。
JIS
FS c , ,[修飾モード1(任意バイト)],…,[修飾モードn(任意バイト)].
16進数
1Ch 63h 2Ch 2Ch[修飾モード1(任意バイト)]2Ch … 2Ch[修飾モード n(任意バイト)]2Eh
[修飾モード1(任意バイト)]
文字の修飾モードを指定します。
設定内容
0
修飾の解除
1
ボールド修飾
2
イタリック修飾
3
アウトライン修飾
4
シャドウ修飾
5
立体修飾
複数の修飾を行うことが可能ですが、アウトラインと立体、およびシャドウと立体を同時に指定すると、後から指定した修飾のみ有効になります。

文字の拡大/縮小指定([FS] m)

文字の拡大または縮小を指定します。
JIS
FS m[縦倍率の分子(任意バイト)]/[縦倍率の分母(任意バイト)],[横倍率の分子(任意バイト)]/[横倍率の分母(任意バイト)],[文字の位置(任意バイト)].
16進数
1Ch 6Dh[縦倍率の分子(任意バイト)]2Fh[縦倍率の分母(任意バイト)]
2Ch[横倍率の分子(任意バイト)]2Fh[横倍率の分母(任意バイト)]2Ch[文字の位置(任意バイト)]2Eh
[縦倍率の分子(任意バイト)]/[縦倍率の分母(任意バイト)]
[横倍率の分子(任意バイト)]/[横倍率の分母(任意バイト)]
文字の縦方向および横方向の倍率を指定します。
倍率の分子の値
倍率の分母の値
設定内容
1
1
1倍
2
1
2倍
3
1
3倍
4
1
4倍
6
1
6倍
8
1
8倍
1
2
1/2倍
倍率のパラメータを省略すると、「1」になります。
[文字の位置(任意バイト)]
縦縮小文字を指定した場合に、文字を印字する位置を指定します。
設定内容
L
下付き指定
M
中付き指定
H
上付き指定
縦縮小文字を指定した場合、本パラメータを省略すると下付き指定になります。
本制御命令で縦拡大と横縮小または縦縮小と横拡大を同時に指定すると無効になります。

漢字の文字ピッチの指定([FS] p)

漢字の文字ピッチおよび解像度を指定します。
JIS
FS p[有効/無効(任意バイト)],[文字ピッチの分子(任意バイト)]/[文字ピッチの分母(任意バイト)].
16進数
1Ch 70h[有効/無効(任意バイト)]2Ch[文字ピッチの分子(任意バイト)]2Fh[文字ピッチの分母(任意バイト)]2Eh
[有効/無効(任意バイト)]
文字ピッチの指定を有効にするか無効にするかを選択します。
設定内容
2
有効
2以外
無効
[文字ピッチの分子(任意バイト)]/[文字ピッチの分母(任意バイト)]
文字のピッチおよび解像度を指定します。
文字ピッチの分子の値
文字ピッチの分母の値
設定内容
1
5
1/5インチ 160 dpi
1
6
1/6インチ 180 dpi
3
20
3/20インチ 160 dpi
2
15
2/15インチ 160 dpi
1
10
1/10インチ 160 dpi
本制御命令は漢字縦/横印字モード時に有効になります。

文字ピッチの調整([FS] w)

文字の印字間隔を調整します。
JIS
FS w <文字間左スペース量(任意バイト)>,<文字間右スペース量(任意バイト)>.
16進数
1Ch 77h <文字間左スペース量(任意バイト)> 2Ch <文字間右スペース量(任意バイト)> 2Eh
<文字間左スペース量(任意バイト)> <文字間右スペース量(任意バイト)>
文字の左右のスペース量をドット単位で指定します。
単位:
現在の解像度
0~31
ただし、0≦左スペース量+右スペース量≦31以外のときは、左右のスペース量は0になります。また、パラメータ省略時も0になります。
左右スペース量の関係は、次のようになります。

アンダー/アッパーラインの太さの指定([FS] 0 4 L)

アンダーラインまたはアッパーラインの線の太さを指定します。
JIS
FS 0 4 L <太さ(3バイト)>
16進数
1Ch 30h 34h 4Ch <太さ(3バイト)>
<太さ(3バイト)>
アンダー/アッパーラインの太さを2種類から選択します。
それぞれのページフォーマットでの線のドット数(ドット/300 dpi)は次のようになります。
設定内容
Fmode 1
Fmode 2
Fmode 3
Fmode 4
Fmode 6
Fmode 7
Fmode 8
S12
細線
2
2
2
1
2
1
1
S14
太線
3
3
3
2
3
2
2

漢字文字サイズの指定([FS] 0 4 S)

漢字縦/横印字モード時の解像度を指定します。
JIS
FS 0 4 S <解像度(3バイト)>
16進数
1Ch 30h 34h 53h <解像度(3バイト)>
<解像度(3バイト)>
解像度を指定します。
設定内容
120
180 dpi(12 ポイントモード)
105
160 dpi(10.5ポイントモード)
108
160 dpi(10.5ポイントモード)
095
180 dpi( 9.5ポイントモード)
096
180 dpi( 9.5ポイントモード)
070
240 dpi( 7 ポイントモード)
072
240 dpi( 7 ポイントモード)
本エミュレーションモードでは、漢字サイズは変更せずに、解像度のみを切り換えます。
本制御命令は漢字縦/横印字モード時に有効になります。
842H-126