両面にコピーする(両面)

片面の原稿を用紙の両面にコピーしたり、両面の原稿を用紙の片面にコピーしたりできます。
重要
[片面両面]、[両面片面]使用時、A4R、B5R、A5Rなどのヨコ向きの原稿は、必ずヨコ置きにセットしてコピーしてください。タテ置きにセットしてコピーすると、原稿のオモテ面とウラ面のコピーの天地が逆になります。
[見開き両面]で使用する用紙サイズは、A4またはB5を選択してください。
[見開き両面]では原稿を原稿台ガラスにセットしてください。フィーダーに原稿をセットして[見開き両面]で読み込むことはできません。
メモ
[両面]を設定してコピーするときは、原稿の天部(上側)が上になるようにセットしてください。
[両面片面]を使用するときは、原稿をフィーダーにセットしてください。

1.
(メインメニュー)→[コピー]を押す
2.
[その他の機能]→[両面]を押す
メモ
[自動ソート]が「ON」のときは、原稿をフィーダーにセットした時点で、自動的にソートまたはシフト(ずらし)ソートが設定されます。(→自動ソートを有効にする)
[見開き両面]使用時、コピーをページ順にそろえるときは、原稿の先頭ページの見開きからコピーしてください。
3.
両面コピーの種類を選択
片面原稿を用紙の両面にコピーする(片面→両面):
両面原稿から用紙の両面にコピーする(両面→両面):
両面原稿から用紙の片面にコピーする(両面→片面):
ブック原稿から用紙の両面にコピーする(見開き→両面):
片面原稿を用紙の両面にコピーする(片面→両面):
2枚の片面原稿を、1枚の用紙の表裏に両面コピーします。
[片面両面]を押す
コピーの表裏の画像の配置方法を設定するには、[詳細設定]を押して両面コピーの種類を選択したあと、[OK]を押します。
[左右開き]:
オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)を同じにします。
[上下開き]:
オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)を逆にします。
両面原稿から用紙の両面にコピーする(両面→両面):
両面原稿を1枚の用紙の表裏に両面コピーします。フィーダーに原稿をセットすると、原稿が自動的に反転します。
[両面両面]を押す
原稿とコピーの表裏の画像の配置方法を設定するには、[詳細設定]を押して原稿とコピーの種類を選択したあと、[OK]を押します。
原稿
[左右開き]:
オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)が同じときに選択します。
[上下開き]:
オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)が逆のときに選択します。
コピー
[左右開き]:
オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)を同じにします。
[上下開き]:
オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)を逆にします。
両面原稿から用紙の片面にコピーする(両面→片面):
フィーダーにセットした両面原稿を別べつの用紙に片面コピーします。
[両面片面]を押す
原稿の表裏の画像の配置方法を設定するには、[詳細設定]を押して両面原稿の種類を選択したあと、[OK]を押します。
[左右開き]:
オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)が同じときに選択します。
[上下開き]:
オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)が逆のときに選択します。
ブック原稿から用紙の両面にコピーする(見開き→両面):
ブック原稿の左右または、表裏ページを1枚の用紙の表裏にコピーします。
左右ページ両面
左右ページの原稿を用紙の表裏にコピーします。
表裏ページ両面
表裏ページの原稿を用紙の表裏にコピーします。
[見開き両面]を押す
原稿の表裏の画像の配置方法と原稿の開きかたを設定するには、[詳細設定]を押して両面原稿の種類を選択したあと、[OK]を押します。
コピーのしかた
[左右ページ両面]:
ブック原稿の左右ページを1 枚の用紙の表裏にコピーします。
[表裏ページ両面]:
ブック原稿の左ページの表裏または右ページの表裏を1枚の用紙の表裏にコピーします。
コピーをページ順にそろえるときは、原稿の先頭ページの見開きからコピーしてください。
ブック原稿は原稿の天部(上側)が原稿台ガラスの奥側になるようにし、左奥の矢印に角を合わせてセットします。
ブック原稿の左右どちらのページからコピーするかを、ブック原稿の開きかたで指定します。原稿台ガラスにふせて置いた状態によって、次のように指定してください。
4.
[OK]→[閉じる]を押す
5.
(スタート)を押す
すべての原稿の読み込みが終了してから[コピー開始]を押します。
メモ
[見開き両面]使用時に次の見開きをコピーするには、原稿をセットして再度(スタート)を押します。

重要
紙質によってはコピーできないことがあります。
メモ
両面モードで使用できる用紙は、次のとおりです。
用紙サイズ: 330 × 483 mm、305 × 457 mm、320 × 450 mm (SRA3)、A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5R、ユーザー設定サイズ(98.4 × 148 mm ~ 330.2 mm × 487.7 mm*)(OHPフィルム、透明フィルム、ラベル用紙、インデックス紙、封筒は両面コピーできません。)
* 長尺用トレイ・Bを取り付けている場合は長尺用紙(210 × 487.8 mm ~ 330.2 × 1,300 mm)が使用可能です。
用紙の厚さ: 52~350 g/m2
[片面両面]で原稿が奇数枚のときは、両面コピーの最終プリントのウラ面は白紙になります。(白紙のページはコピーカウントされません。)
[片面両面]と[原稿サイズ混載]を組み合わせたときに、オモテとウラになる原稿サイズが異なると、それぞれのサイズにあった用紙に片面コピーされます。サイズの異なる原稿を用紙の両面にコピーするときは、あらかじめコピーする用紙を選択してください。
[両面両面]で原稿台ガラスに原稿をセットしたとき、画面の表示に従って、片面ずつ読み込みます。
[両面片面]で原稿台ガラスに両面原稿をセットして、片面コピーするには、[連続読込]を設定してください。(→分割してセットした原稿を一度にコピーする(連続読込))
[見開き両面]で表裏ページ両面を選択してコピーすると、両面コピーの1枚目のオモテ面と最終プリントのウラ面は白紙になります。(白紙のページはコピーカウントされません。)
フィニッシャー装着時に、60 g/m2未満の用紙を両面出力した場合、出力された用紙が揃わないことがあります。
3E93-0WS