OHPフィルム/透明フィルムをセットする

OHPフィルム/透明フィルムは以下の給紙箇所にセットできます。
カセット
手差し給紙ユニット・C
PODデッキライト・C
多段デッキ・C
OHPフィルム/透明フィルムの梱包紙に給紙面についての指示が書かれているときは、指示に従って用紙をセットしてください。
カセットの場合は、プリントする面を下にしてセットします。
手差し給紙ユニット・C、PODデッキライト・C、多段デッキ・Cの場合は、プリントする面を上にしてセットします。
重要
OHPフィルム/透明フィルムはインサーター・Nにはセットできません。
OHPフィルム/透明フィルムを補給するときは、プリント面に触れないように端を持ってセットしてください。
プリント中は、OHPフィルム/透明フィルムを継ぎ足さないでください。紙づまりの原因となります。
OHPフィルム/透明フィルムは必ず本製品推奨のものをご使用ください。本製品推奨以外のOHPフィルム/透明フィルムを使用すると、本製品に損傷を与えることがあります。
OHPフィルム/透明フィルムの折れや紙づまりを防ぐため、排紙されたOHPフィルム/透明フィルムは速やかに排紙トレイから取り除くことをおすすめします。
残ったOHPフィルム/透明フィルムは箱に戻し、高温多湿の場所を避けて保管してください。長時間セットしたままにしておくと、OHPフィルム/透明フィルムが密着し、紙づまりの原因となります。
長時間セットしたままにしておくと、OHPフィルム/透明フィルムが密着し、給紙しにくくなる場合があります。そのような場合は、十分にさばくか、枚数を減らしてセットしなおすか、あるいは新しいOHPフィルム/透明フィルムを使用してください。
OHPフィルム/透明フィルムに出力する場合、画像の種類によっては画像濃度が濃くなる場合があります。その場合は、出力画像濃度を調節してください。
メモ
紙づまりが起こる場合は、セットしたOHPフィルム/透明フィルムを十分にさばいてください。
3E93-0LL