用紙について

本機で使用できる用紙は以下のとおりです。
オプション装着時に使用できる用紙についてはそれぞれのオプションの仕様を参照してください。
また、用紙に関する注意事項も合わせてご確認ください。
日本でおもに使われている紙のサイズは、A3、B4、A4、B5などの「A/B系列」です。
レター(LTR)やリーガル(LGL)といった「インチ系列」は北米などの地域でよく使われています。本製品は、お客様の使用状況にあわせて、どちらの系列の紙サイズでも使用できます。

使用可能な用紙サイズ

用紙サイズ
給紙箇所(標準)
給紙箇所(オプション)
給紙カセット1
給紙カセット2
手差しトレイ
2段カセットペディスタル・AM
大容量カセットぺディスタル・A
ペーパーデッキユニット・F
A4
A4R
×
×
×
A3
×
×
×
A5
×
×
A5R
×
×
A6R
×
×
B4
×
×
×
B5
×
B5R
×
×
×
305×457mm
×
×
×
320×450mm
(SRA3)
×
×
×
×
×
LTR
LTRR
×
×
×
LGL
×
×
×
11×17
×
×
×
STMT
×
×
×
×
×
STMTR
×
×
EXEC
×
×
フリーサイズ
(98.0 mm × 139.7 mm ~ 320.0 mm × 457.2 mm)
×
×
×
×
×
ユーザー設定サイズ
(98.0 mm × 139.7 mm ~ 320.0 mm × 457.2 mm)
*1
*2
*3
*2
×
×
長形3号
×
×
×
洋形長3号
×
×
×
角形2号
×
×
×
×
No.10 (COM10)
×
×
×
ISO-C5
×
×
×
DL
×
×
×
Monarch
×
×
×
×
はがき
×
×
往復はがき
×
×
4面はがき
×
×
*1 98.0 mm×148.0 mm~297.0 mm×215.9 mmまでのユーザー設定サイズを使用できます。
*2 98.0 mm×182 mm~304.8 mm×457.2 mmまでのユーザー設定サイズを使用できます。
*3 封筒は98.0 mm×98.4 mm〜320.0 mm×457.2 mmまでのユーザー設定サイズを使⽤できます。
本機で使用できる用紙サイズについて
用紙の「タテ」と「ヨコ」の表記について

使用可能な用紙種類

本機は、非塩素用紙を使用できます。
用紙種類
用紙坪量
給紙箇所(標準)
給紙箇所(オプション)
給紙カセット1
給紙カセット2
手差しトレイ
2段カセットペディスタル・AM
大容量カセットぺディスタル・A
ペーパーデッキユニット・F
薄紙2
52~59 g/m2
薄紙1
60~63 g/m2
普通紙1
64~75 g/m2
普通紙2
76~90 g/m2
普通紙3
91~105 g/m2
厚紙1
106~128 g/m2
厚紙2
129~150 g/m2
厚紙3
151~163 g/m2
厚紙4
164~180 g/m2
厚紙5
181~220 g/m2
厚紙6
221~256 g/m2
厚紙7
257~300 g/m2
×
×
×
×
×
再生紙1*1
64~75 g/m2
再生紙2*1
76~90 g/m2
再生紙3*1
91~105 g/m2
パンチ済み紙
64~81 g/m2
OHPフィルム*2
121~220 g/m2
×
×
ラベル用紙
118~185 g/m2
×
×
×
×
×
インデックス紙1*2
91~105 g/m2
×
×
×
×
×
インデックス紙2*2
106~128 g/m2
×
×
×
×
×
インデックス紙3*2
129~150 g/m2
×
×
×
×
×
インデックス紙4*2
151~220 g/m2
×
×
×
×
×
色紙
64~81 g/m2
レターヘッド
106~163 g/m2
×
ボンド紙*3
82~99 g/m2
×
和紙*4
93 g/m2
×
×
×
×
×
第2原図*4*5
64~81 g/m2
×
×
×
×
×
片面コート紙1*4
106~163 g/m2
×
×
×
×
×
片面コート紙2*4
164~220 g/m2
×
×
×
×
×
片面コート紙3*4
221~256 g/m2
×
×
×
×
×
両面コート紙1*4
106~163 g/m2
×
×
×
×
×
両面コート紙2*4
164~220 g/m2
×
×
×
×
×
両面コート紙3*4
221~256 g/m2
×
×
×
×
×
封筒
75~105 g/m2
×
×
×
はがき*6
164~220 g/m2
×
×
*1 古紙配合率100 %の再生紙が使用できます。
*2 A4、LTRの用紙が使用できます。
*3 LTR、LTRR(カセット1を除く)、EXECサイズの用紙が使用できます。
*4 手差しトレイにセットする際は、1枚ずつセットしてください。
*5 第2原図用紙の種類によっては使用できないものもあります。
*6 インクジェット用を除く郵便はがきが使用できます。

両面コピー/両面プリント時に使用可能な用紙について

両面コピー/両面プリントするときは、次の用紙を使用してください。
用紙サイズ:
305 mm×457 mm、A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5R、11"×17"、LGL、LTR、LTRR、STMTR、EXEC、ユーザー設定サイズ(139.7 mm×182 mm~304.8 mm×457.2 mm)
用紙の種類:
薄紙1~2、普通紙1~3、厚紙1~5、色紙、再生紙1~3、パンチ済み紙、ボンド紙、レターヘッド
用紙の厚さ:
52 g/m2~220 g/m2
上記以外の用紙を使う場合は、<両面2面目>を使ってプリント済み用紙のウラ面にコピー/プリントしてください。

仕上げ時に使用できない用紙について

320 mm×450 mm(SRA3)、A5R、A6R、STMT、STMTR、フリーサイズの用紙、OHPフィルム、第2原図、ラベル用紙、和紙、はがき、封筒、インデックス紙にコピー/プリントするときは、仕上げ機能を使用できません。

製本時の厚紙使用について

<製本>で厚紙6を表紙に使用する場合、<表紙のウラ>と<ウラ表紙のオモテ>のみコピー/プリントできます。

自動検知可能な用紙サイズ

給紙カセット1:A4、B5、A5、A5R、LTR、STMTR、EXEC
給紙カセット2:305 mm×457 mm、A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5、A5R、A6R、11"×17"、LGL、LTR、LTRR、STMTR、EXEC
2段カセットペディスタル・AM:305 mm×457 mm、A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5、A5R、A6R、11"×17"、LGL、LTR、LTRR、STMTR、EXEC

用紙についての注意事項

次の用紙は使用しない
紙づまりや印刷不良の原因になることがあります。
しわや折り目がある紙
カールした紙や巻いた紙
破れた紙
湿った紙
非常に薄い紙
薄いわら半紙
熱転写プリンターで印刷された紙
熱転写プリンターで印刷された紙のウラ面
目の粗い紙
つるつるした紙
インクジェット専用の郵便はがき
用紙を使うときは
用紙は本機が設置されている環境に十分慣らしてからご使用ください。異なる温度/湿度に保管されていた用紙を使用すると、紙づまりや印字不良が起こる場合があります。
用紙の保管方法
用紙は開封後すぐにお使いになることをおすすめします。用紙が残った場合は、入っていた包装紙に再度包み、平らな場所で保管してください。
湿気や乾燥を防ぐため、使用するまでは包装したままにしておいてください。
用紙が丸まったり折り目が付いたりするような置きかたをしないでください。
用紙を立てて保管したり、大量に積み重ねたりしないでください。
直射日光の当たる場所、湿度の高い場所、乾燥している場所、使用場所との温度差や湿度差が著しい場所には保管しないでください。
湿った用紙に印刷すると
排紙部周辺から湯気が出たり、排紙部に水滴が付いたりすることがあります。これは、トナーを定着するときの熱によって用紙に含まれる水分が蒸発しているためですので、異常ではありません(特に、室温が低い場合に発生しやすくなります)。

本機で印刷した用紙の保管について

6H97-10R