相手につながったことを確認してから送信する(ダイレクト送信)

 
「送ったつもりのファクスが送信エラーになっていた」ということがないよう、相手ファクスが通信可能であることを確認してから原稿を送信することができます。原稿をメモリーに読み込ませず直接送信するため、メモリー残量に空きがない場合でも送信することができます。
1
原稿をセットする 原稿をセットする
複数ページを送信するには、原稿をフィーダーにセットしてください。原稿台ガラスにセットした場合は1ページしか送信できません。
2
<ファクス>を押す <ホーム>画面
3
ファクスの基本画面で宛先を指定する ファクスの基本画面について
4
必要に応じて読み込み設定をする ファクス送信の基本操作
5
<その他の機能>  <ダイレクト送信>  <閉じる>を押す
6
(スタート)を押す
相手にダイヤルします。相手につながると原稿が読み込まれ、送信が始まります。
相手が話し中のときは送信しません。
次の場合はダイレクト送信できません
読み込み設定で<両面原稿>/<原稿サイズ混載>/<枠消し>/<連続読込>/<タイマー送信>/<済スタンプ>を設定しているとき
複数の宛先を指定しているとき
部門別ID管理中に、ひとつでも<ファンクション制限>を<OFF>に設定しているとき 部門別ID管理を開始する
原稿サイズを設定するには
フィーダーにセットした原稿のサイズは自動的に設定されます。原稿サイズを自分で指定したいときは原稿台ガラスを使ってください。
6H97-06A