機器情報配信時のユーザー認証を設定する

機器情報を受信する際にユーザー認証を行うことにより、子機が不正な機器情報を受信しないようにすることができます。機器情報を送受信する親機と子機が個人認証管理(個人認証管理を開始する)を行っている必要がありますので確認しておいてください。設定にはAdministratorの権限が必要です。

親機に認証情報を設定する

機器情報を配信する親機側で、認証に使うユーザー名とパスワードを設定します。認証先に応じてドメインも指定できます。
1
(設定/登録)を押す
2
<管理設定>  <デバイス管理>  <機器情報配信の設定>  <MEAP認証情報の設定>を押す
3
必要な情報を設定し、<OK>を押す
<ユーザー名>/<パスワード>
Administratorの権限を持つ管理者のユーザー名とパスワードを入力します。この管理者は子機または子機が使用する認証サーバーにユーザー登録されている必要がありますので確認してください。
<ログイン先>
で指定した管理者が認証サーバーに登録されている場合は、認証サーバーのNetBIOSドメイン名を入力します。

子機で認証機能を開始する

機器情報を受信する際に個人認証を行うように子機を設定します。親機で設定した認証情報(親機に認証情報を設定する)に該当する管理者が子機に登録されていない場合は、あらかじめ登録しておいてください。
1
(設定/登録)を押す
2
<管理設定>  <デバイス管理>  <機器情報配信の設定>  <受信時にMEAP認証を使用>を押す
3
<ON>を選び、<OK>  <OK>を押す
4
(設定/登録) (設定/登録) <設定の反映>  <はい>を押す
6H97-0FW