副回線のIPv4アドレスを設定する

副回線に使用するIPv4アドレスを指定します。
副回線で使用できるIPアドレスは、IPv4アドレスのみです。

IPアドレスを設定する

1
(設定/登録)を押す
2
<環境設定>  <ネットワーク>  <副回線設定>を押す
3
<IPアドレス設定>を押し、副回線のIPアドレスを設定する
自動割り当てと手動入力の両方を設定しておくこともできます。両方を設定し、<DHCPサーバーからアドレスを取得できなかった場合は前回取得したアドレスを解放する>を<OFF>に設定しておくと、IPアドレスの自動取得に失敗したとき、手動入力したIPアドレスが使用されます。
DHCPで自動的に割り当てる
<DHCP>を押します。お使いの無線LANのネットワーク環境に応じて選択してください。
<DHCP>が使用できない環境であるにもかかわらず、<DHCP>を選択したままにしておくと、ネットワーク内でサービスが提供されているかを確認するための通信が発生します。使用しない場合は、選択を解除しておくことをおすすめします。
手動入力で設定する
1
<DHCP>が解除されていることを確認する
選択されているときは、ボタンを押して解除します。
2
IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを入力する
それぞれ対応するボタンを押してから入力します。
ルーターを介して他のネットワークに接続する場合は、ゲートウェイアドレスを入力し、<静的ルーティング設定>も併せて設定してください。静的ルーティングを設定する
4
<OK>を押す
5
(設定/登録) <はい>を押す
6H97-00S