<セキュリティー設定>

本機のセキュリティーを強化するための設定を行います。

<認証/パスワード設定>

(設定/登録) <管理設定>  <セキュリティー設定>
認証機能やパスワードのセキュリティー効果を高めるための設定を行います。

<暗号設定>

(設定/登録) <管理設定>  <セキュリティー設定>
暗号のセキュリティー効果を高めるための設定を行います。

<システム検証設定>

(設定/登録) <管理設定>  <セキュリティー設定>
システムの検証機能や保護機能を使用するかどうかを設定します。
<起動時のシステム検証>:本機の起動時に、ファームウェアやMEAPアプリケーションの完全性を検証します。
<ランタイムシステム保護>:本機の稼働中に、ランタイムシステム保護機能を使ってプログラムの不正な改変と不正なプログラムの実行を防止し、システムの信頼性を向上します。<起動時のシステム検証>が<ON>の場合にのみ設定可能です。
 
設定/登録項目
設定項目
DeviceAdmin
NetworkAdmin
リモートUIによる設定
機器情報配信
一括インポート
リモートUIでのエクスポート項目名
<システム検証設定>
<起動時のシステム検証>:<ON>、<OFF
×
×
×
C
設定/登録の基本情報
<ランタイムシステム保護>:<ON>、<OFF
×
×
×
C
設定/登録の基本情報
<起動時のシステム検証>は、<OFF>  <ON>へ設定を変更した場合だけでなく、<ON>から設定を変更せずに<OK>を押した場合も、再起動処理を行います。<ON>の状態のまま再起動処理を行わない場合は、確認画面の<いいえ>を押したあと、<システム検証設定>画面の<キャンセル>を押してください。
<起動時のシステム検証>を<ON>に設定した場合
システム検証のため<OFF>に設定しているときと比べ、起動に時間がかかります。
本体管理ログには、以下のイベントと結果が記録されます。ログを管理する
イベント
ファームウェアの検証、MEAPアプリケーションの検証
結果
成功、失敗
本機を起動したときに、画面にエラーコードが表示された場合は販売店または担当サービスにお問い合わせください。
<ランタイムシステム保護>を<ON>に設定した場合
設定後の初回起動時のみ、起動時間が数分長くなります。
8517-0W3