USBメモリーにファイルを保存する

原稿を読み込んで、USBメモリーに保存する方法を説明します。使用できるUSBメモリーや、USBメモリーの差し込み/取り外し方法については、USBメモリーを使うを参照してください。
<スキャン機能を使用>を<ON>に設定してください。<メモリーメディア設定>
1
原稿をセットする 原稿をセットする
2
ホーム画面で、<スキャン>を選ぶ ホーム画面
ログイン画面が表示されたら、ユーザー名とパスワード、および認証サーバーを設定します。認証送信のログイン
3
スキャンの基本画面で、<USBメモリー>を選ぶ スキャンの基本画面について
<メディア接続時の操作画面>を<ON>に設定してホーム画面表示中にUSBメモリーを差し込むと、メディア接続時の操作画面が表示されます。<USBスキャン>を選ぶとUSBスキャンの基本画面が表示されます。
USBメモリーを使う
<メディア接続時の操作画面>
4
必要に応じて原稿の読み込み設定をする
原稿の読み取りサイズを設定する
ファイル形式を選ぶ
原稿の向きを指定する
原稿の両面を読み込む
その他の読み込み設定については、きれいにスキャンするファイルサイズと画質のバランスを調節する(データサイズ)を参照してください。
5
<スタート>を選ぶ
原稿の読み込みが開始されます。
中止したいときは、<中止>  <はい>の順に選びます。送信を中止する
手順1でフィーダーに原稿をセットした場合
読み込みが完了すると、保存が実行されます。
手順1で原稿台ガラスに原稿をセットした場合
USBメモリーに新たなフォルダーが作成され、そこに読み込まれた原稿が保存されます。ファイル名は「SCAN + 4 桁の番号.拡張子」の形式で付けられます。ファイル名の「SCAN」の部分は、任意の文字列に変更できます(ファイル名を設定する)。
いつも同じ設定でスキャンしたい 機能の初期値を変更する
複数のスキャン設定を組み合わせて登録し、必要なときに呼び出して使用したい よく使う設定を登録する
7WU0-05L