Eメール送信の設定をする

ここではSEND設定ツールを使った設定方法を説明します。SEND設定ツールを使うと、アドレス帳への送信先の登録も同時に行うことができます。
SEND設定ツールではEメールを送信するための基本的な設定を行います。SEND設定ツールの代わりにリモートUIを使って設定すると、送信前のPOP認証や暗号化通信などの詳細な設定をすることができます。Eメール/Iファクスの通信設定をする
1
SEND設定ツールを起動する
ウェブブラウザーから起動する
ウェブブラウザーのアドレス入力欄に「http://<本機のIPアドレス>/sendsupport_login.html」と入力し、キーボードの[ENTER]を押します。
CD-ROM/DVD-ROMから起動する
1
付属のCD-ROM/DVD-ROMをセットする
2
[ソフトウェアの起動]をクリックする
[ソフトウェア/マニュアル セットアップ]画面が表示されないとき [ソフトウェア/マニュアル セットアップ]画面の表示方法
[自動再生]が表示されたときは、[MInst.exeの実行]をクリックします。
3
[SEND設定ツール]の[起動]をクリックする
4
[次へ]をクリックする
「Send設定ガイド」を表示したいときは、[設定について]をクリックします。
Windowsファイアウォールを解除する画面が表示されたときは、[はい]をクリックします。
5
[デバイス一覧]から本機を選び、[次へ]をクリックする
[デバイス一覧]に本機が表示されないとき
[再探索]をクリックします。それでも表示されないときは[IPアドレスで探索]をクリックし、本機のIPアドレスを入力してから[OK]をクリックします。
6
内容を確認し、[OK]をクリックする
2
[開始]をクリックする
ログオン画面が表示されたら、IDと暗証番号を入力して[ログオン]をクリックします。
3
[電子メールの送信設定を行う]をクリックする
アドレス帳の暗証番号入力画面が表示されたら、暗証番号を入力して[OK]をクリックします。アドレス帳の使用を制限する
4
必要な情報を入力する
 [登録先]
[ベストメンバーの番号]
SEND設定ツールを使う場合は、Eメールの宛先はアドレス帳の<ベストメンバー>として登録します。まず、プルダウンメニューから空いている番号を選んでください。
[ベストメンバーの番号に付ける名称]
ベストメンバーに付ける名称を入力します。アドレス帳で一覧表示されるので、探しやすい名称を付けてください。
 [送信先の設定]
[送信先の電子メールアドレス]
送信先のEメールのアドレスを入力します。スキャンした原稿はこのアドレスに送られます。
 [SMTPサーバーの設定]
[SMTPサーバー]
SMTPサーバー名を入力します。
[SMTP認証の設定]
SMTPサーバーの認証設定に合わせて[あり]/[なし]を選びます。[あり]のときは、[ユーザー名]および[パスワード]を入力します。
Eメール送信の認証方式について
第三者による不正なメール送信を防止するため、本機は「SMTP認証」(SMTP AUTH)と「送信前のPOP認証」(POP before SMTP)に対応しています。必要な認証方式については、プロバイダーやネットワーク管理者にお問い合わせください。
「送信前のPOP認証」はリモートUIを使わないと設定できません。Eメール/Iファクスの通信設定をする
5
[次へ]をクリックする
6
設定内容を確認し、[登録]をクリックする
7
本機を再起動する 再起動する
お使いの環境によってはさらに設定が必要な場合があります。詳しくは、プロバイダーやネットワーク管理者にお問い合わせください。
TLS暗号化通信の設定が必要なとき Eメール/Iファクスの通信設定をする
ポート番号の変更が必要なとき ポート番号を変更する
7WU0-01R