印字をつけてプリントする

 
ユーザーボックスのファイルをプリントするとき、ページ番号、管理番号、日付などの印字を付けてプリントできます。「社外秘」などのスタンプを付けることも可能です。たとえば、複数部数の資料を配布する場合に管理しやすくなります。
1
<保存ファイルの利用>を押す<ホーム>画面
2
<ボックス>を押す
3
ユーザーボックスを選ぶ
画面の表示項目や操作方法については、ユーザーボックスのファイルを編集するするを参照してください。
4
ファイルを選び、<プリントする>を押す
5
テンキーでプリント部数を入力する
手順4で複数のファイルを選んだ場合は、<部数変更>を押してからプリント部数を入力します。
6
<プリント設定変更>を押す
7
<その他の機能>を押す
8
<ページ印字>、<部数印字>、<スタンプ>、<日付印字>のいずれかを押す
9
印字する書式を選ぶ
手順8で<部数印字>、<スタンプ>または<日付印字>を選択した場合はこの設定はありません。手順10に進みます。
10
印字する位置を選ぶ
ページ番号の位置を微調整する
<詳細設定>で、印字位置を微調整したり、両面プリント時の印字位置を変更したりできます。
印字を左に動かしたい場合はXに+の数値を、上に動かしたい場合はYに-の数値を入力します。
<詳細設定>を押し、各項目を設定したあと、<OK>を押します。
11
プリントするファイルの画像の向きを選ぶ
プリントするファイルの画像の向きが縦向きの場合は<画像向き縦>、画像の向きが横向きの場合は<画像向き横>を選びます。
 
 
 
 
<画像向き縦>
<画像向き横>
12
印字する内容を設定する
13
<OK>  <閉じる>を押す
14
<プリント開始>を押す
プリントが始まります。
印字は表紙(表紙や裏表紙を付ける)や挿入紙(合紙や章紙を差し込む(挿入紙))には印刷されません。
部数印字はプリントしたすべてのページに印字されます。
部数印字と一緒に日付や文字列を印字することもできます。<部数印字拡張の設定>
<ページ印字>と<スタンプ>の文字列は<ページ印字/スタンプの文字列登録>に登録されている文字列から選ぶこともできます。
<ページ印字>、<スタンプ>、<日付印字>、<部数印字>のいずれかで、同じ印字位置を指定しているときは、<プリント開始>を押すと、そのままの設定でプリントするかを確認する画面が表示されます。
章付き数字と<挿入紙>を組み合わせて設定したとき、章番号のカウントアップは次のようになります。
章紙を設定したページでカウントアップされます。
合紙が挿入されたあと、カウントアップされます。
<部数印字拡張>を<ON>に設定しているときは、以下のように設定できる内容が変わります。<部数印字拡張の設定>
部数印字の印字位置で<全面に印字>、<5箇所に印字>を選択することができなくなります。
部数印字の印字サイズが、<10.5ポイント>、<12.0ポイント>、<14.0ポイント>となります。
834R-08S